外注で動画を量産してアドセンスで稼ぐ方法

YouTube外注

高畑です。

 

今回は外注を駆使して動画を量産してアドセンスで稼ぐ方法

お伝えしていこうと思います。

 

別にアドセンスに限った話ではなく、

でもって、YouTube以外のビジネスでも使える手段ですが

YouTubeアドセンスとなると敷居が低いので、

誰が外注を使っても成果が出やすいですからね。

 

外注は思った通りに動かないことを知ろう

人気YouTuberの動画みたいな高いクオリティではなく、

顔出ししないYouTuberのアドセンス動画は

基本的にはテキスト×音楽×画像の単純構成になります。

 

YouTubeアドセンス実践者からしてみれば簡単ですし、

「なんでこんな簡単な作業を外注さんはできないんだ?」

最初は思うことがあるでしょう。

 

ということで、まずは外注さんとあなたのスキルの差、

もっと言えば熱意の差を理解してください。

 

あなたはビジネスとしてYouTubeに取り組んでいても、

外注さんは自宅で働いてお小遣いが欲しい人が圧倒的なんです。

全員とは言いませんが、士気が低くて当たり前です。

 

だからこそ、思い通りに動いてくれないのを前提に

彼ら彼女らに指導していかないと話は進みません。

 

でもって、この作業フローをめんどくさがってやらないと

いつまで経っても一人で動画を作り続けることになります。

これではYouTubeの奴隷ですよね。

 

アドセンスから早々に脱却して、

リストマーケティングなどに転向したいのならば

無理に外注さんを使う必要はありませんが・・・

 

外注に手軽に動画を量産してもらうコツ

YouTubeを奴隷にするためには、

まずはあなたが奴隷状態から解放されないといけません。

 

だからこそ、外注を駆使していくわけですが

最初の第一歩としては、

今のタスクを細分化することにあります。

 

「俺の作業は俺しかできないことなのか?」

 

これをいつも自問しつつ、

他人に振れる作業を見つけて書き出していきます。

 

そうすれば、素材集め、テキスト入力、テキスト改行、

動画の保存、BGM入力などの作業は、

誰がやっても大差がありません。

 

もちろん、多少はセンスの差は出てきますが

質にこだわるより量をこなす方が優先されますし、

外注さんも実践を重ねていくうちに上達していきます。

 

最初から質を要求すると、

外注さんは嫌がって音信不通になるので

こうして単純作業から慣れていってもらえば、

無理なく取り組み続けてくれます。

 

いきなりスパルタ指導をしたところで、

相当のどMな外注さんではない限り喜びませんから(笑)

 

キモの作業はあなたが取り組むこと

言ってみれば、誰がやっても大差がない

テキストベースの動画は他人に作ってもらうべきですが、

キーワード選定などの収益に直結する部分は

他人任せにしてはいけません。

 

キーワードはインターネットビジネスの根幹であり、

いわばブラックボックスに当たる部分です。

 

よほど信頼できて意欲もある外注さんが見つかれば、

アドセンスのキモの一つである

キーワード選定などを伝授してもいいでしょうが、

そこまで丸投げする必要はあまりないと思います。

 

言葉は悪いですが、新興国に教える必要もない技術まで教えて

ダンピングに巻き込まれたアホな国もありますからね。

 

一個人と国家を比較すること自体がおこがましいですが、

1円でもお金を払う以上は

それだけ真剣に取り組まないと足元掬われますので。

 

これは冒頭からお伝えしているように、

YouTubeアドセンスの狭い話ではなくて

ビジネス全般に通じる話です。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ