飲食店集客にYouTubeのSEOはどこまで有効なのか?

飲食店 集客 seo

高畑です。

 

今回は飲食店集客にYouTubeのSEOを絡めた話をします。

 

ただ、最初に言っておきますと

不動産業、建設業、美容院、などの集客経験はありますが

飲食店でYouTube経由で集客した実績はありません。

 

もっとも、飲食店とて商圏があるビジネスなので

マスコミにでも取り上げられない限りは、

日本全国津々浦々からお客さんが来るということはないので、

商圏がある他のビジネスとも大差はないと考えています。

 

キーワード選定の前に店の特徴とターゲット層を考える

キーワード選定しないことには集客できませんが、

その前に店の特徴とターゲット層を考えないといけません。

 

現状で、イタリアンを主に提供しているのに

フレンチで集客しても意味がないですし、

メインターゲットが女性なのに

新橋に出入りするおじさんを集めてもマッチしませんから。

 

この基本的なことができていないのに、

SEOに躍起になったところで

お門違いの成果しか伴いません。

 

したがって、基本中の基本ではありますが

お店の特徴とターゲットは熟考してください。

 

なお、お店の特徴には、

間取り、立地、競合店の有無、

こういったものも含まれるので、

併せて考えておいてくださいね。

 

また、ターゲットについては

女性の一人客が多いのか、

若いカップルが多いのか、

会社帰りのサラリーマンが多いのか、

こういう属性もある程度は整理しておいてください。

 

それから、言うまでもありませんが、

シニア層を取り込みたいのであれば

YouTubeはおろかネット自体を見る人も少ないでしょうから、

ポスティングでもした方がいいでしょう。

 

キーワード選定のコツ

店の特徴とターゲット層を考えたら、

実際にYouTubeにアップする動画タイトルの元となる

キーワード選定の作業に移っていきます。

 

その際、キーワード選定の大原則としては

地名とサービス名は絶対に外せません。

 

店が渋谷ならば、北海道の人を呼び寄せる必要もないですし

物理的にも道民が気軽に来れるわけがありませんから、

とくに地名はキーワードに含めることが絶対条件です。

 

ここまでの話はOKですか?

 

では、具体的にキーワードを絞り込んでいきます。

>グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

 

このサイトにアクセスして、

試しに「渋谷」で検索してみました。

渋谷イタリアン

渋谷 イタリアン

  • 渋谷 イタリアン ランチ
    • 渋谷 イタリアン ランチ おすすめ
    • 渋谷 イタリアン ランチ 個室
    • 渋谷 イタリアン ランチ ピザ
    • 渋谷 イタリアン ランチ デート
    • 渋谷 イタリアン ランチ サラダバー
    • 渋谷 イタリアン ランチ ランキング
    • 渋谷 イタリアン ランチ ビュッフェ

このように、階層が深くなり

キーワードが細分化されていきます。

 

さすがに渋谷ほどの立地となると、

キーワードを細分化していっても

検索結果を見ていくとライバル店も少なくありません。

 

とはいえ、動画でアップしているお店は皆無で

ほとんどがグルナビでしたが。

 

ただ、恐れることはありません。

 

グルナビの検索結果を見ても、

今のユーザーはあまり信用していません。

 

「ステマだなんだ」と騒がれて以来、

大手=おいしいという神通力は通用しなくなっています。

 

そんな中で、中小の飲食店が

適切なキーワード選定をした動画で

お店の様子、お客さんの声、お店の看板娘など紹介していけば・・・?

 

お客さんが来ないはずありません。

圧倒的な差別化ですから。

 

多くの店と同じことをしているから埋没するんです。

 

「他店がグルナビやホットペッパー使うからうちも使うか・・・」

 

その結果が、値引きだけに釣られて

二度目の来店はしないようなお客ばかりじゃないでしょうか?

 

それでも麻薬みたいなもので、

毎月高い広告費をお布施のように払い続けていかないと

お客さんが来ないような依存体質に陥っていると、

ただでさえ利益率の低い飲食店では致命的です。

 

だからこそ、無料でできる集客媒体を徹底的に利用して

お客さんを集める店が成功すると言えます。

 

店名をキーワードに入れる必要はあるのか?

お店の名前を覚えてもらいたいから、

店名を入れたいと思う人もいると思います。

 

結論から言えば、店名は入れる必要はないです。

店名で検索する人は、すでにお店の存在を知っている人です。

あるいは、行ったことがある人です。

 

今回のYouTube動画を絡めた集客スタイルは、

新規客開拓がメインです。

 

となれば、お店の存在をユーザーは知りませんから

「地名 サービス名 他関連ワード」で動画を作らないといけないと

おわかりいただけると思います。

 

それでも店名を入れたければ、

渋谷でイタリアンランチを個室で食べれてデートに使える!○○(店名)はこちら

こういう感じで、店名を後ろに持ってくるべきです。

 

検索エンジンの特性上、

キーワードは左→右と重要度が下がっていくためです。

 

今回お伝えしたことを盛り込んで、

地道に動画を50本以上アップしたら

確実に成果が出るはずなので試してみてください。

 

この方法で、冒頭お伝えしたように

建設業、不動産業、美容院で成果は出ているので、

応用次第で結果が伴うはずです。

 

それでは。

 

関連記事

>飲食店に3倍集客できるYouTubeの動画構成


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ