コメントと評価を煽りチャンネルの質を高めるには?

コメント

高畑です。

 

今回は、アップした動画に評価とコメントを募り

YouTubeからの評価を高めるチャンネル運営をお伝えします。

 

その何がいいのかと言えば、

YouTubeから優遇されるので

アップする動画が上位に出やすくなったり、

関連動画欄に長く居座ることができたりします。

 

では、前置きはこれくらいにして

コメントと評価を煽る簡単なテクニックをお伝えします。

 

ちなみに、冒頭の画像は

私の例のコピペ動画がコメントされたり

共有されたりしたときの通知内容です。

 

その動画にしても、

これからお話しするテクニックを盛り込んで作りましたから

マスターしていただければ同等のものはできると思います。

 

コメントと評価を煽るテクニック

まず大前提として、コメントにしても評価にしても

マイナスものであっても、構わないということです。

 

それこそ、低評価の嵐だろうが

罵詈雑言まみれになろうが、

そんな動画であっても評価自体はされますので。

 

「一体どんな動画をアップしたらそうなるんだ!?」という

ツッコミはさておいて(笑)

 

大切なのはオープンにしておいて、

誰でも気軽に評価やコメントができる環境を提供することです。

 

したがって、評価もコメントもできない設定にするのは

もったいないのでやめた方がいいと強く思います。

 

さて、ここからが具体的なテクニックですが

一番簡単な評価やコメントのもらい方は賛同方式です。

 

「○○についていいなと思ったら評価をお願いします!」

「その通りだと思ったら高評価してください」

「そう思ったらコメント書き込んでください」

 

こういう感じのお願いを動画説明欄は当たり前として、

動画内でもアノテーションで呼びかけたり

動画最後のエンドカードでも表示させます。

 

視聴者に対しては、明確に意思表示しないと動いてくれません。

 

「○○してください」と、的確なお願いをしないことには

彼らは動画をチラッと見ただけで別の動画に流れてしまいます。

 

コピーライティングをちょっと勉強した人ならわかると思いますが、

人は読まない、信じない、行動しないという特質があります。

 

そのため、何度かアナウンスをして行動を促して

コメントや評価をもらうように意識してみてください。

 

流行に乗っかった動画をアップする

とはいえ、どんな動画でもいいわけではありません。

誰も注目しないような動画をアップしても誰も見ませんから。

 

例えば、芸能人の誰と誰が結婚した、

誰と誰が離婚した、

こういうトレンドニュースはコメントや評価を

もらいやすいと言えます。

 

「○○の離婚の原因は○○と思う人は高評価してください」

 

こういう言い方だと評価もコメントも付きやすいですよね。

 

ただ、芸能系に興味がなければ

誰が結婚してようが離婚しようが

はっきり言ってどうでもいいでしょう(笑)

 

したがって、芸能ニュースはあくまでも一例で

他にも感動系、お笑い系、政治系といった、

アドセンスに取り組みやすいものが

やはりコメントも評価ももらいやすいと言えます。

 

それだけ人がアクセスするジャンルの動画には、

多種多様の人間が視聴するわけで

摩擦が生じて反応が得られやすいからです。

 

負の感情を刺激しよう

これもちょっとしたテクニックですが

ポジティブな内容よりもネガティブな内容の方が

とくにコメントが付きやすいと断言できます。

 

インターネットは負の感情の増幅装置といった側面があり、

誰かを叩いたり、愚痴を吐露したい人が湧いてきます。

 

2chあたりをご覧になればすぐイメージが湧くでしょうが、

この人間心理を利用するだけです。

 

具体的に、今なら世界遺産登録で日韓で一悶着ありましたが

韓国のナメた態度をまとめた解説動画をアップして、

以下のように煽ればコメントは集まるはずです。

 

韓国の裏切り行為許せますか?」

「このままでは第二の慰安婦利権ができますよ!」

 

これに賛同した人であればコメントを書き込むでしょうし、

コメントを書かなくても評価をしていく人はいるでしょう。

 

まあ、私自身も韓国の態度も日本の外務省の姿勢も

両方話にならないアホの集団と思っていますが、

こういうことを含めて訴求すれば

「俺も私もそう思う」という賛同者が出てきます。

 

もちろん、政治系の話だと左巻きの人間も出てくるので

動画の露出が増えたら賛同者ばかりではなく、

炎上することもあるでしょう。

 

ただ、炎上したところで動画の評価が上がるだけで

あなたの素性が割れる心配もないので、

わざと物議を醸す動画をアップし続けるのも戦略と言えます。

 

なお、炎上させる目的は

あくまでもチャンネルを強くするためのものであり、

リスト取り動画としては使わない方が身のためです。

 

そういう沸点の低い人間が寄ってくる動画から

リストを集めていったところで、

質のいい顧客層ではありませんからね。

 

全員がそうではなく、中には冷静な人もいますが

事前にリスクが取り除けるなら、

それに越したことはありませんよね?

 

ですから、こういうところまで考えてみて

評価される動画を作ってみましょう。

 

100発100中のはずもないですが、

動画作成の数をこなしていけば勘所がわかり

3~4割はヒットすることもよくあります。

 

ご参考までに。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ