Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shonan83/youtube-st.biz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

YouTube動画をmp3でDLした後で加工して警告突破

YouTube動画をmp3で落としてさらに応用する方法

高畑です。

 

今回はYouTube動画をmp3で落とした後で、

動画作成段階で警告を完全回避する方法をシェアしておきます。

 

まあ、冒頭からこう言っておいてなんですが、

普段、アドセンスはコピペでいけると言っている私でさえ

全般通じて見ればあまり推奨できる方法でもありません。

 

それこそ著作権の絡みが出てくるので、

面倒事が発生することもあるためです。

 

厳密に言えば、著作権が切れているクラシック音楽や

日本国内で著作権保護の義務を負わない北朝鮮の作品などは、

そのままDLして加工して再アップしても法に触れません。

 

問題なのは、今現在の流行の作品を

mp3化してダウンロードするケースです。

 

釈迦に説法だと思いますが、

この場合は自己使用だけにしておいてください。

何も自らリスクテイクすることもないですからね。

 

事実を報道するニュース番組ならいざ知らず、

ドラマ、映画、アニメなどをダウンロードするのは

ぶっちぎりで著作権違反ですし、

それを加工して再アップしても通報されるのがオチです。

 

さて、前置きがなくなりましたが

具体的な方法をお伝えしていきます。

 

YouTube動画をmp3でダウンロードする

動画をmp3で落とすのは、私があれこれ言うよりも

こちらのサイトを見た方が早いです。

https://www.youtube-mp3.org/jp

 

あえて、リンクは貼りませんので

ご自身でアクセスして使い方をチェックしておいてください。

 

なお、mp3で落とす方法だけではつまらないので、

ここから落とした音楽を有効に使う方法をご紹介します。

 

もちろん、元からお持ちの音楽ファイルでも使えるので

ぜひ各自で試してみてください。

 

落としたmp3を動画作成で利用する注意点

気に入ったBGMを動画作成する際に、

取り込みたいと思う人もいると思います。

 

そして、実際に動画を作ってアップロードしたら

たまに「第三者のコンテンツと一致しました」と、

YouTubeから指摘されて収益が無効化されることがあります。

 

これはアドセンスをやっている人であれば、

致命的な話になってきます。

 

でもって、mp3で落としたりしていない

著作権フリーの音楽でも、この警告を受けることがあります。

 

著作権フリーの音源は使う人も多いため、

警告される確率も上がるんです。

 

それはYouTubeが音楽を機械で判定しているためです。

音程、速度、周波数といった、音楽の構成を判別して

ふるいにかけていると思われます。

 

一見やっかいに思うかもしれませんが、

音程、速度、周波数といった要素をクリアすれば、

コンテンツの一致という警告は突破することも可能です。

 

では、どうやったら突破できるのか?

 

聞々ハヤえもんで音声加工して”第三者のコンテンツと一致”を突破

対策からお話しします。

 

最初にこちらに飛んでください。

>聞々ハヤえもん

 

そして、インストールして使えるようになったら

音声を聞々ハヤえもんに読み込ませます。

hayaemon

 

画像では、エフェクト→音程→半音下げるとなっていますが、

任意で音程調整してもいいですし、速度を調節しても構いません。

 

ちなみに速度調整は、今のところは1.2倍にすると

別の音楽とみなされるようです。

 

このようにしてmp3に小細工して別音楽とすることで、

第三者のコンテンツと一致と言う警告は出なくなります。

 

音声を加工することは造作もないことですから、

試してみてもいいと思います。

 

それでは。


【24時間限定】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×メルマガで稼ぐ独自企画はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ