某国のイージスが収益無効化された理由と学べることとは?

【重大なお知らせ】 大変お世話になりました!   YouTube

高畑です。

 

嫌韓ジャンルで名高い某国のイージスというチャンネルが、

収益無効化に伴いチャンネル閉鎖を予定していると

ちょっとした話題になっているようです。

 

今回は収益無効化の理由を含めて、

マネタイズのあり方についてもお伝えしようと思います。

 

つまり、この事例をもとに

アドセンスに頼らないYouTubeの稼ぎ方を触れていきます。

 

ちなみにこの話は、以前書いた記事と関連しています。

>政治系YouTubeアドセンスはいつまで稼げる?

 

某国イージスのスタンスとしては、

おもしろ反日チャンネルということで

韓国人や在日の噴飯ものの行動を、

軽妙な語り口で紹介しているというものでした。

 

その上で、悲韓五原則ということで、

韓国と関わるなとも標榜していました。

 

一見すると、大多数の日本人にとっては

有益な内容だと思いますし

収益無効化する適切な理由もないはずです。

 

動画もネタ元はニュース記事ですが、

チャンネル運営者が読み上げていて

意見も加えていたので、オリジナル性もありましたからね。

 

某国のイージスが収益無効化された理由

早い話が見せしめだと考えています。

もちろん、YouTube側、もっと言えばGoogleが

こんなことは言っていませんが。

 

これだけのチャンネル登録者数と再生回数を考えると

嫌韓ジャンルのみならず、

かなりの影響力があったわけです。

 

ただ、動画の内容だけにYouTube側に

かなりの数のクレームが寄せられたと考えています。

 

日々の悪行や失笑ものの出来事を

あれこれ紹介されて気を悪くした国内外の韓国人や

「人類みな兄弟」的な思想を持つ、お花畑スキップの日本人が

YouTube側にクレームを入れたんじゃないかと。

 

で、YouTube側は某国のイージスの影響力を考えて

チャンネル削除は行き過ぎだから、

収益無効化の措置程度はやっておく。

 

推測の域を出ませんが、

こんな流れだったんじゃないかと考えています。

 

某国のイージス運営者はチャンネル閉鎖を決意

収益無効化の措置を受けた某国のイージスの運営者は、

近々チャンネル閉鎖を予定しているようです。

 

今すぐチャンネルを閉じることまでは考えてないそうですが、

動画をアップしても収益化できないようでは

ただの趣味になってしまいますからね。

 

彼にも生活があるのでタダ働きはできないでしょうし、

何より創作意欲が削られたらアップする気も失せるでしょう。

 

ただ、一点苦言を呈すると言いますか

もったないないのは主なマネタイズ手段が、

アドセンスに集中していたということです。

 

チャンネル運営者は書籍も発行されていますが、

ミリオンセラーでもない限りは印税も微々たるものです。

 

であるならば、必然的にアドセンスに比重が傾きます。

 

今回の収益無効化。

かなりショックを受けたことは想像に難くありません。

 

累計1億回以上のアクセス数を誇るチャンネルを、

みすみす閉鎖するのは断腸の思いでしょう。

 

だからこそ、このアクセスの取りこぼしを最小限にするために

ある程度チャンネルが強くなった時期から、

メルマガを導入するべきでした。

 

政治系でマネタイズするのは難しいと思う方もいるかもしれませんが、

某国のイージスは嫌韓ジャンルの中ではブランド力もあるので

月額ワンコイン程度で動画を配信するとか、

あるいは、ブログを開設して政治系の書籍をアフィリエイトするとか

いくらでもマネタイズの方法はあるんです。

 

アドセンスがダメになったからと言って、

これまでの努力を消してしまうチャンネルの閉鎖は

短絡的と言うか、ただただ口惜しいですね。

 

私はそう強く思います。

 

したがって、今からでも遅くないので

別の収益化の方法を取り入れてもらいたいものです。

 

オリジナル動画バカ

よく、こんなこと聞くと思います。

 

「オリジナル動画だから消されない」

「コピペ動画だから消される」

 

こんな単細胞な台詞を。

 

物事はそこまで二元論で割り切れるものでありません。

 

某国のイージスの事例でもわかるはずです。

オリジナル動画であっても収益無効になるということです。

 

当然、いくらオリジナル動画とは言っても

ジャンルによって違ってきますよ。

 

嫌韓という政治ジャンルだったからこそ、

目立って見せしめに刺されたという側面はあるでしょうから。

 

ただ、どのようなジャンルであれ

収入源をYouTubeに握られているようではリスクでしかありません。

 

ちょっと前もシバターという、わりと有名なYouTuberも

チャンネル削除されて収入が激減しましたからね。

もっとも、後日チャンネル復旧したようですが。

 

ともあれ、集客経路としてYouTubeを利用するのは結構ですが

それ以上のことを求めてしまうと、

Googleに無慈悲な対処をされて手も足も出せなくなります。

 

チャンネル削除されたり、収益無効化されたとして

彼らに五体投地して教えを乞おうが、

絶対に理由を教えてくれませんしね。

 

ということで、複数のマネタイズ手法を考えておきましょう。

冒頭お伝えしたように、それが今回の趣旨でもありますから。

 

ご参考までに。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ