政治系の嫌韓動画ではもうアドセンスで稼げない

788067c681dead15bec3478f8b7a1115_0

こんばんは、高畑です。

 

前回、政治系動画の収益性が今後も有効かを話しました。

>政治系YouTubeアドセンスはいつまで稼げる?

 

現状でYouTube側の取っている措置は、

動画削除ではなく

あくまでも収益の無効化のようで、

一発レッドカードというわけではありません。

 

今後はどうか知りませんよ?

 

ともあれ、私自身の政治系のチャンネルは、

今の段階で全く影響を受けていません。

 

まあ、そもそもそんな過激な嫌韓動画を

アップしているわけでもありませんからね。

だからこそ、再生回数もそこまで伸びてはおらず

このチャンネルからのアドセンス収入は月5~6万程度ですが(笑)

 

さて、では、今回の事例から学べることを

今回はシェアしていこうと思います。

 

政治系の動画は将来暗い?

一応、記事タイトルは

「政治系の嫌韓動画ではもうアドセンスで稼げない」と、

直球で稼げないと言ってますが・・・

 

これは別に私の意見ではありません。

ただ、一部の実践者が騒ぐ声を集約しただけです。

 

「もうアドセンスは無理!」

「政治系動画はダメ」

 

見るからにネガティブで思考停止になっていますが、

こういうセリフは何もYouTubeだけではありません。

 

PPCの話ですが、情報商材を何の苦労もなく出稿できていたときに

ある日急に情報商材が締め出されることがありました。

これはPPCスラップと呼ばれた現象です。

 

そのときも、こうして騒がれました。

 

「PPCアフィリエイトは終わった・・・」

 

まだ例を出しましょうか?

 

2012年の秋あたりにGoogleが大規模アップデートされて、

サイトアフィリエイターのサイトがGoogleに虐殺されました。

つまり、圏外に吹っ飛ばされたわけです。

 

「もうサイトアフィリエイトでは稼げない・・・」

「バックリンクの時代はもう終わり」

 

歴史は繰り返しますよね。

 

ただ、こういう状況を尻目に

稼ぎまくっている人もいるわけです。

 

これを今回の嫌韓動画に置き換えてみると、

本当に将来が暗いのか

一考の余地はありますよね。

 

分析力がなければ稼げない

ピンチをチャンスにできる思考が必要です。

 

「あの嫌韓チャンネルはまだ出稿できてて、

なぜ俺のチャンネルはダメなんだ?」

 

仮にあなたが嫌韓チャンネルを運営していて、

YouTubeから収益無効化をされたら

このように原因分析をしないといけないですよね。

 

・タイトルが過激過ぎた

・内容が苦情だらけになるようなものだった

・無茶にタグを突っ込み過ぎた

・説明欄にスパム的に書き込んだ

 

ざっと考える範囲でも、

この程度の分析はできるわけです。

 

これくらいの判断はパッとできないと、

何をやっても稼げません。

 

といっても、難しいことではなく

日々アンテナを張って場数を踏むだけです。

 

思考を深めることを日々意識していけば、

ライバルが沈んでいこうが

自分は打開策を練ることが簡単になります。

 

ましてそれが人気ジャンル内で

ライバルが淘汰されていけば

文字通りブルーオーシャンになることも夢ではないと。

 

もちろん、ちゃんと観察して思考しなければ

おいしい思いをすることはできません。

 

だからこそ、今の取り組み一つ一つを考えて

動向を見ていくことこそが

いつまでも稼いでいける秘訣だと考えます。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ