政治系YouTubeアドセンスはいつまで稼げる?

kenkan

高畑です。

 

YouTubeアドセンスで稼ごうとするならば、

まずは顔を出してYouTuberという選択肢を取るか、

顔を出さずにおもしろ動画やテキスト動画をアップするか。

 

このどちらかを、まず選びますよね。

 

で、普通は突き抜けた企画力がない限り、

後者の顔を出さない方法をチョイスして

その中でアクセスが多く見込めるジャンルを選びます。

 

そのジャンルの中で政治系と言うのは、

ある意味鉄板ジャンルで

アクセスが見込めて稼ぎやすいジャンルではありますが・・・

 

でもって、政治系ジャンルの中でも

とりわけアクセスが多く流れてくるのが

嫌韓動画だったりするわけですが・・・

 

はたして今後も嫌韓動画は稼げるのか?

このあたりを考えないと爆死すると思います。

 

嫌韓動画の問題点

まず、私自身は在日韓国人や朝鮮人は大っ嫌いですし

韓国や北朝鮮にも一ミリもいい感情はありません。

 

それをレイシストと呼ぶのであれば、

勝手に言ってなさいというスタンスで

嫌韓動画上等という考えです。

 

実際に私と同じような考えの人が多いから、

この手の嫌韓動画にコメントが数多く書き込まれています。

 

いわば、需要に回答してるという点では

マーケティング視点では悪くありません。

 

ただ、アドセンスを出してるのは企業なわけです。

 

たとえ事実であっても、

企業はこういうマイナスイメージを嫌うんですよね。

 

韓国が日本に理不尽なことをふっかけてきて、

それに対する怒りの動画をアップして

実際に再生回数が多くなっても、

企業イメージを考える会社が増えたら

アドセンスに広告出稿するのが及び腰になります。

 

「そんなことくらいでひよるなよ」と思いますが、

それを決めるのは私たちではなく

YouTube側になるわけで不可抗力です。

 

まあ、不要な軋轢を生むなと、

警告の意味を込めてYouTubeは

収益無効という手段を講じたんだと思います。

 

あるいは、在日朝鮮人や韓国人の

執拗な抗議を受けて

YouTubeが半ば折れたのかもしれませんが。

 

ともあれ、ことの本質はそうではありません。

 

要するに、自社商品を売るのではなく

他人のシステムを利用して稼ぐということは、

この手のリスクから逃げられないということです。

 

こちらの旗色が悪くなれば、

環境に適応するしかありません。

 

それが嫌ならビジネスするべきではないですね。

コンビニで一生レジ打ちしてください。

 

ということで、中長期的に見ていくと

このジャンルも危険性を孕んでいます。

 

未確認ながら、嫌韓ジャンルで収益が無効化された

ユーザーもいたようなので注意はするべきです。

 

嫌韓に取って代わるジャンル

代案を出さないのは、

反対のための反対をしてる民主党みたいで

いささか恥ずかしいので、対策をお伝えします。

 

別に難しいことではなく、日々ネタが尽きずに

著作権をほとんど気にしなくていいところとなると、

2chまとめ系が無難ですね。

 

その中でも、感動、お笑い、修羅場、都市伝説などは

比較的多くのアクセスが入ってきます。

 

これは過去の記事でもお伝えしている通りです。

>アドセンスはキーワード選定よりジャンル選びが大事な理由

 

もっとも、多くの人も同じことを考えているので

細分化や差別化をしないことに埋もれます。

 

人気のあるジャンルを選ぶのは鉄則ですが、

その中から切り取ってシェアを確立して

周りを圧倒していくのがセオリーです。

 

最初は小さいところでお山の大将になって、

成長していくとともにライバルに勝つ。

これこそ弱者の戦略です。

 

別にYouTubeに限った話ではなく、

商売というのはそういうものです。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ