関連動画攻略して作ってすぐの動画の再生回数を上げる方法

kanrenjack

高畑です。

 

今回はチャンネルを新規で作り、

作って間もない動画をアップして

関連動画に今でも表示できるのか、検証してみました。

 

結論から言えば、冒頭の画像の通り、

関連動画欄にきっちり掲載されます。

 

ただし、ずっと掲載されているわけではなく

老舗のチャンネルの動画が後から参入して来たら、

関連動画欄からは締め出しをくらいます。

 

これは当然で、新参者は

古参には道を譲らないといけないというか、

同じ土俵では闘い続けることはできません。

 

YouTubeとて同じで、まずは人気ジャンルを狙いつつも

切り口を考えてライバルがそこまで多くないところを選び、

動画を淡々とアップしていくほかありません。

 

もちろん、Googleサジェスト、YouTubeサジェストなどを参考に

キーワード選定を考えながら動画をアップする必要はありますが。

 

さて、では実際に関連動画に掲載させるための

ポイントをお伝えしていこうと思います。

 

関連動画攻略して再生回数を伸ばす秘訣

・似たようなジャンル

・寄生する動画の鮮度

・動画説明欄の活用

・タグ

 

この4つが基本になります。

1つずつ見ていきましょう。

 

似たようなジャンル

これは当たり前です。

○○という芸能人が離婚したのに、

ペットの動画に寄生するのはおかしいですからね。

 

百歩譲って、動物大好きの芸能人が

離婚したというのなら、少しだけわかりますが

それでも無理があります。

 

したがって、同じような系統のジャンルの動画を選びましょう。

お門違いの動画に寄生し続けると通報される可能性もあります。

 

寄生する動画の鮮度

寄生と言ってますが、勢いがある動画の関連動画に表示させて

アクセスのおこぼれをもらう時点で寄生虫なわけです。

 

だから、その寄生虫ライフを存分に満喫するためには

フレッシュな動画を探ることが大切です。

 

5年前にアップされた300万回再生の動画より

10日前にアップされた右肩上がりの2万回再生の方が

寄生対象として優れているからです。

 

300万回再生だろうが、とっくに旬が過ぎて

今では1日で100回も満たない視聴回数よりも、

1日2000回再生される方がいいですよね。

 

だからこそ、検索をかける際には

フィルタを活用してアップロード日を確認していきます。

 

動画説明欄の活用

これは知ってる人も多いですが、

今もってこのテクニックは有効です。

 

以下のように記載すると、

寄生できる確率がアップします。

 

タイトル

URL

 

10.6公開『アウトレイジ ビヨンド』スペシャル ~生き残り編~
ttps://www.youtube.com/watch?v=AZkn7Y_UsFI

(hはわざと抜いてます)

 

それから、念のためあらかじめ言っておきますが、

これをしたからといって確実に寄生はできません。

自分のチャンネルの強さ、ライバルの強さと、

相対的な要因が絡んできますので。

 

タグ

最後はタグです。

 

以前は50個以上突っ込んでいる人もいましたけど、

これは完全にスパムなのでやらない方が身のためです。

 

人気動画のタグをごっそり抜いてきて、

それを自分の動画のタグに

すべて投入するのは無理がありますからね。

 

ただ、タグ自体が無駄かと言えばそうではありません。

あくまでも節度の問題です。

 

本当に使えるタグの使い方は、

あなたがアップしていく動画のジャンル、

あなたのチャンネル名と、URL、

この3点は動画をアップロードしていくに連れて

連鎖的に相乗効果を発揮します。

 

例えば、チャンネル名が失恋乗り越えコレクション

チャンネルURLがUC5TYQlie_21LeaJXuK8pEFAなら、

それをタグに入れます。

 

こうすると、自分の動画がすべてタグで紐づきます。

だから1つの動画が再生されたら、

関連動画に自分の動画が表示されやすくなります。

 

ちなみに、デフォルト設定で

動画をアップロードするときに

自動で入力されるようにすると手間が減り便利です。

 

動画の管理→チャンネル→アップロード動画のデフォルト設定

これで設定できます。

 

なお、このタグの使い方をしてみて効果を実感するのは、

経験上だと50個以上アップしてからですね。

 

以上、ご参考までに。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ