アドセンスはキーワード選定よりジャンル選びが大事な理由

kan

高畑です。

 

今回はYouTubeアドセンスで稼ぐための参入ジャンル選びについて。

 

以前、こちらの記事でジャンルに触れていますが

今回は補足という形でお伝えします。

>YouTubeアドセンスで高単価で稼ぐための3ステップ

 

当然のことながら、アドセンスは再生回数が多くないと

基本的には稼げません。

 

もちろん、チャンネル自体が強くなって

少ない再生回数でもCPCがアップすれば、

相応に稼ぐこともできますが・・・

 

あ、CPCというのはクリック単価のことです。

大まかにYouTubeアドセンスは再生数×0.1が報酬となっていますが、

CPCがアップして0.2とか0.3になれば、

10,000回再生×0.1と5,000回再生×0.2では同じになりますよね。

 

まあ、チャンネルを強化するテクニックやCPCは

別の機会でお伝えするので、

まずは今回ジャンル選びをマスターしておきましょう。

 

YouTubeアドセンスに向いているジャンル

人が多く流入して回遊するジャンルが模範解答になります。

その上でネタが尽きないジャンルが鉄則です。

 

いくら運よくスマッシュヒットした動画を作れて

チャンネル登録者が増えたとしても、

関連のネタが出てこないようなジャンルだったら

せっかくのチャンネル登録者にアプローチできませんからね。

 

したがって、今後もネタが絶対尽きない

政治、経済、芸能、お笑いなどのジャンル。

以上が無難なジャンルです。

冒頭の画像なんて、政治兼お笑いに該当しそうなもんです。

 

そして、これらのジャンルが嫌であれば

感動系、お笑い系、面白画像集などのジャンルも一応可能です。

 

こちらのジャンルでも、2chなどを漁っていけば

これまで豊富なネタが放出されていますので。

 

ネタが永続的に提供できないジャンルは参入しないこと

ネタも切り口次第なんですが、最初から切り口を考えたりすると

動画構成、キーワード選定、説明文の記載などの他にも

作業が増えてしまってやる気が削がれてしまいがち。

 

つまり、YouTubeアドセンス初心者に対して、

作業量が増えて動画の量産ができなくなってしまいます。

 

だからこそ、最初のうちは極力頭を働かせなくてもいいように

機械的な作業だけでできる環境整備が必要になります。

 

そのため、動画ネタが黙っていても溢れ出てくるジャンルに参入して

ライバル動画にうまいこと寄生して再生回数を稼ぐと。

 

もちろん、人気ジャンルには一見ライバルがひしめき合っています。

ただ、これを避けて通ろうとすると

閑古鳥が鳴いてるようなジャンルに入ってしまい、

再生回数がさっぱりと稼げない悪循環に陥ります。

 

こう言うと、「ライバルか・・・」と

意気消沈してしまう人がいるかもしれませんが、

本当の意味でのライバルの数は劇的に減少。

 

というのも、なんとなく動画をアップして、

外的要因が偶然重なって再生回数が伸びた。

こういう人が大半ですからね。

だから、「一見」と言ったわけで。

 

だからこそ、戦略を描いて

日々のタスクレベルに落とし込んでいけば

嫌でもアドセンスで成果が出てしまいます。

 

なお、ジャンル選定をしっかりした後は、

キーワードをちゃんと考えないといけませんからね。

あくまでも優先順位の違いだけであって、

キーワードを軽視していいというわけではありませんので。

 

この辺りは、釈迦に説法かと思いましたが

念のためのリマインドということで。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ