いつまでアドセンスにしがみついて動画を量産する?

いつまでアドセンスにしがみついて動画を量産する?高畑です。

 

先日、アドセンスに関するご質問をいただきました。

その方曰く、「100本以上動画を投稿しても1万円稼げたのが精一杯・・・」

半ば悲壮感漂うお問い合わせでした。

 

確かにアドセンスは量産が基本になってくるのは事実ですが、

100本投稿して1万円の稼ぎではあまりに費用対効果が悪すぎます。

 

もっとも、キーワード選定や関連動画対策を上手にこなせば

月5万円~10万円くらいはいけるでしょうが、

それを差し引いても私はそこまでアドセンスを勧めません。

 

一応、YouTubeアドセンスは

動画を活用した稼ぎ方の基本が詰まっていますし、

基礎力養成にはもってこいとは思います。

 

だからこそ、アドセンスのノウハウも公開していますし

アドセンスを全否定しているわけでもありません。

 

ただ、いつまでも一つの稼ぎ方に固執するのは

危機管理もセンスもないと強く思います。

 

なぜアドセンスを早く卒業して次のステージに移るべきなのか?

とはいえ、アドセンスを延々とやってもいい例外的なケースもあります。

 

まず、日本ならHIKAKINさん、

海外ならピューディパイさん、

アドセンスのみで年収数千万、数億到達するレベルならば、

アドセンスに固執してもいいと思います。

 

ただ、一素人が今からこのレベルに行く再現性を考えると

宝くじ1等に当たるよりマシな程度の確率しかありません。

 

そもそも、彼らの手法自体が

会社員にとっては厳しいとしか言えませんからね。

 

あなたがサラリーマンだったとして、

体力的に毎日顔を出した動画を投稿できますか?

 

また、どこの誰が見てるかもわかりませんし

再生回数自体が伸びるかどうかも、

トーク力、企画力などに大きく左右されます。

 

こうしたデメリットがある以上は、

顔出し形式のアドセンスはある意味命がけです。

 

また一方で、水面下で稼ぐコピペ系動画ですが

顔出し動画よりもハードルは低く、

多くの初心者はここから始めると思います。

 

確かに、コピペ動画は楽と言えば楽ですが

コピペし続ける虚しさと隣り合わせの

根本的な問題があります。

 

それから、いつチャンネル削除されるかどうかもわかりません。

再生回数が増えて目立ってくれば、

粘着質のキチガイに狙われる恐れが高くなるからです。

 

つまり、リスクが高い中で実践し続けないといけないし

その割には実入りが少なくビジネス力も伸びないわけです。

 

さて、長期目線に立ったとき、

アドセンスは理想的な稼ぎ方でしょうか?

 

アドセンスで月5万円稼いだらもう十分でしょう・・・

私の情報に限らずにアドセンスで稼ぐ方法は、

ネットで調べれば腐るほど出回っています。

 

そうした情報を吟味してよく咀嚼して実践すれば、

2ヶ月もあればセンス問わず月5万円には届きます。

 

次に、月5万円到達したら

稼いだお金を全部外注に投資していきます。

 

稼いだお金をポケットに突っ込むのではなく、

全部外注費に回します。

 

そもそも、水面下で稼ぐスタイルで

コピペにちょっと毛が生えたくらいの動画なんて、

ずっと作り続ける理由があると思いますか?

 

仮にあなたがアドセンスをやっていて、

月5万円前後で停滞していたら

自身の作業量を増やすのではなく、

外注に作ってもらうようにしていくべきです。

 

5分程度のコピペ動画なんて、

100円~200円で作ってくれる人はゴロゴロいます。

 

PDFや動画でその手の動画の作り方を教えたら、

すぐにコツを掴んで動画は納品されてきます。

 

あとはキーワード選定や説明文はあなたが考えて、

アップロードしていけば作業時間は半分以下になります。

 

そして、その空いた時間は

リスト取り動画に充てたり、コンサルビジネスに参入すれば

アドセンスより楽に大きく稼ぐことが現実のものとなるわけです。

 

YouTubeの可能性を自分で狭めないこと

一定の成果が出るまで一つの方法を続けるのは基本ですが、

一貫性の原理に縛られてこだわるのは

時代の流れについていけない愚か者です。

 

言い方はきついですが、アドセンスが5年先10年先稼げるか

そんなことわかりません。

 

それどころか1年先も読めませんし、

事実、嫌韓色の強かった政治系チャンネルは

収益無効化された経緯があります。

>某国のイージスが収益無効化された理由と学べることとは?

 

今では再び収益が有効化されたようですが、

YouTubeの判断で突然収益無効化されることがあるわけです。

 

某国のイージスは目立っていた分、

見せしめとして収益無効化を受けたと思いますが

アドセンスは露出度を上げることが必須なので、

痛し痒しといったところです。

 

ただ、どう考えてもアドセンスは安定しませんし

強いこだわりを持ち続けると没落が待つだけです。

 

視野が狭くなると稼ぐための柔軟な思考が失われ、

ただ毎日「作業」しているだけになりますから。

 

だから作業を続けてはいけないし、

その先のステージに進まないといけません。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

One Response to “いつまでアドセンスにしがみついて動画を量産する?”

  1. kame より:

    こんばんは、kameといいます。
    ブログランキングから来ました。
    まだ、アドセンスで5万円稼げていないので、
    もう少し頑張ってみます。
    応援ポチしていきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ