アドセンス代わり?Whoolist Networkの正体

アドセンス代わり?Whoolist Networkの正体

高畑です。

 

一つの旗色が悪くなると、

それに代わるものを提示してくる人間がいるのが

世の常だと思いますが・・・

 

YouTubeもご多分漏れず、

アドセンスの収益無効化ラッシュの状況で

新たなクリック報酬型広告Whoolist Networkが、

ちょっとだけ知られるようになってきました。

 

実はこの流れは、過去にアボセンスと呼ばれた

ブログでアドンセス貼っている人間が

集中的に虐殺されたあのときと似ていて、

当時マイクロアドと呼ばれるクリック報酬型が

アドセンスの代替と言われたときと似ています。

 

歴史は繰り返しますね。

 

さて、今回のWhoolist Networkですが一体どうなのか、

考えを述べていきます。

 

Whoolist Networkの運営元は信用できるのか?

目ん玉が¥マークになってるような人は、

「今後も危ういアドセンスの代わりに!」なんて言われると

コロッと逝ってしまうと思います。

 

ですが、はっきり言って

Whoolist Networkを調べても実態がわかりません。

 

情報量が少ないこともありますが、

運営元がスペインということもあってか

個人的には一抹の不安しか感じません。

 

スペインと言えばラテン系ですし、

いい仕事をすると思えない印象もあるからです。

 

ともあれ、今のネット上の状況では

「Whoolist Network」と検索しても、

ヘブラカエラさんという方が運営している

ブログしかない状態です。

 

おそらく、彼はWhoolist Networkを紹介できる

数少ない日本人の一人で、

それをブログに掲載しているのではないかと考えています。

 

そして、ネットワークと言うくらいですから、

親、子、孫という構図で運営ているのではないかと。

 

つまり、結論を言えば

こうしたニューメディアを前にしても、

慌てて飛びつくことは一切ありません。

 

まして、稼げそうだからと暴走して

個人情報を差し出すのは、

世間知らずもいいところだと思います。

 

したがって、私は静観することを推奨します。

 

儲かる人間が出てきてから参入する方がおいしい

よく三流マーケターが「先行者利益を得ないと大損ですよ!」などと、

矢継ぎ早に脅すような光景を見ますが

つくづく短慮だなとしか思えません。

 

確かに人が気づかぬうちに発掘して大当たりすれば、

利益を独り占めすることも可能でしょう。

 

ですが、そこまでに至る時間と労力は?

 

多くの人はお金だけに目を奪われて、

時間と労力を度外視しています。

 

この世でもっとも貴重なのは時間なんです。

時間だけはどうやっても取り戻せません。

 

だからこそ、そういう面倒な検証作業は他人にやらせて

儲かるとわかったら後から参入して

ばったばった競合をなぎ倒していくのが賢いわけです。

 

それを卑怯だと思いますか?

 

もし、この横取り精神が卑劣と思った人は

ビジネスに向いていません。

 

ビジネスとは合法的な範囲内で、

いかに楽して稼ぐかですから。

 

ということで、あなたがWhoolist Networkを見たときに

これくらいのことは最低でも読み取らないと、

手ぐすねを引いて待っている詐欺師にやられます。

 

「え?そんなこと教える高畑も怪しい?」

 

そうかもしれません。

 

まあ、必死に否定するのも変ですし

もしあなたが私を怪しいと思ったら、

他の方の情報を見ればいい話ですから。

 

基本的なマーケティング知識があれば後発組の方が稼げる

さて、余談ついでに

ヘタな煽りに負けない

理論武装的なことをしておきましょう。

 

オンラインで稼ぎたいと思ってる人、

あるいは、すでに何かしらで実践している人は

小玉歩さんという方をご存知かもしれません。

 

私も小玉さんの経歴はあまり興味ないですが、

確か彼は2010年くらいから頭角を表したと思います。

 

で、2010年と言えば

その頃参入した人でさえも

「後発組」と揶揄されていました。

 

では、その後発組であったはずの

小玉さんは他のぽっと出の起業家とともに消えたのか?

 

いやいや・・・

 

消えていたら今もなお現役で活躍していません。

 

同様に、彼に続く人たちも

2010年以降に参入しても

水面下で大きく稼いでる人はいるわけです。

 

そんな彼らの共通点は、

先発組の検証結果をパクって改良して

自分に活かして最短ルートで稼ぐこと。

 

賢いですよね?

 

この程度のことに、高度なマーケティング知識はいりません。

真似して改良するだけですから。

だから、後発組はおいしいんです。

 

基本的なマーケティングはこちらで。

>YouTubeで稼ぐためにはマーケティング力を養え!

 

まとめますと、Whoolist Networkが

海のものとも山のものとも不明な今、

人身御供になる人間を見てから

攻めても遅くないと改めてお伝えしておきます。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ