関連動画経由で再生回数が58%増えるサムネイルの作り方

thumbnail

高畑です。

 

今回は関連動画経由で再生回数が激増するサムネイルの作り方

詳しくご紹介していこうと思います。

サムネイルは画像の赤枠部分ですね。

 

で、なぜサムネイルを作る必要があるのか?

これを最初にお伝えします。

 

結論から言えば、サムネイルがバシッと決まっていないと

動画を再生される確率が減るからです。

 

そもそも、YouTubeにアップした動画が

どういう経緯で再生されることが多いのか、

これを考えたらサムネイルの重要性が認識できるはずです。

 

キーワード検索から視聴されると思っている方もいますが、

実はそうではありません。

本当のところは、関連動画経由で再生されることが大半で、

動画によっては8割以上が関連動画経由ということもあるからです。

 

だからこそ、思わず見たくなるような

サムネイルをアップする必要があるんですね。

 

もちろん、サムネイルさえ整えればすべて解決ではないですが、

ユーザーが反応せざるを得ない画像を用意しておけば、

同じようなタイトルが並んだ動画の中で抜きん出ることができます。

 

それでは、前置きはこれくらいにしましょう。

 

サムネイルが設定できる条件

サムネイルの作り方をご紹介する前に、

ある条件をクリアしないといけません。

 

といっても、別に難しい条件は求められておらず

YouTube内でパートナー確認すれば、

サムネイル設定ができるようになります。

partnersettei

画像上部には、パートナー確認済みとありますので

カスタムサムネイルのステータスが有効化されています。

 

これにより、個々の動画に好きなサムネイルをアップロードできて

再生回数を増やすことに寄与します。

 

ということで、パートナー確認を済ましていない方は

今すぐ終わらしてください。

 

サムネイルの具体的な作り方

すでに上記の設定が終わっている方であれば、

ここから読み進めてください。

 

では、下準備として

画像編集フリーソフトのGIMPを持っていなければ、

インストールして起動してください。

>GIMPのダウンロードはこちら

 

1.YouTubeのサムネイルの推奨サイズは1280×720なので、

まずはそのサイズの画像を用意します。

 

画像を用意するのが面倒であれば、新規ファイルを1280×720で作り

背景を単色ベタ塗りにすればいいと思います。

 

ちなみにこの図は完成したものです。

右のレイヤー欄に4枚あることを確認してください。

gimp01

 

2.それでは、ここから分解して一から作っていきます。

推奨サイズの画像を用意してドラッグ&ペーストしましょう。

そして、画像の任意の位置にテキストを書いていきます。

gimp02

 

3.テキストを傾けると素人っぽさが消えるので、任意の角度で斜めにします。

この作業自体は任意なので、省略して作業4.に飛んでも構いません。

gimp03

 

4.右のレイヤー欄内でテキストレイヤーをクリックして、

画面上部のレイヤー→透明部分→不透明部分を選択をクリックします。

gimp04

 

5.テキストが点滅したのを確認したら、

画面上部の選択→選択範囲の拡大をクリック。

gimp05

 

6.選択範囲の拡大量に任意の数値を入れてOKをクリック。

gimp06

 

7.テキストの周囲を覆うように点滅したら、新規レイヤーの追加します。

gimp07

 

8.背景色で塗りつぶすをクリック。今回は背景が白なのでレイヤーは白になります。

gimp08

 

9.テキスト全体が白くなったのを確認。

gimp09

 

10.右側のレイヤー欄が9.と違うところに注意。

テキストレイヤーと背景色で塗りつぶした新規レイヤーの位置を上下入れ替えます。

そして、選択→選択の解除をクリック。

gimp10

 

11.テキストの周囲を白く縁取ることに成功です。

gimp11

 

12.さらに装飾するために、フィルター→照明と投影→ドロップシャドウを起動。

gimp12

 

13.任意の数値を入れてOKをクリック。

gimp13

 

14.右側のレイヤーの位置に、ドロップシャドウを移動して完成。

gimp14

 

これで作業は終了です。

 

気づいた方もいると思いますが、今回お伝えした構図自体が

反応の取りやすいサムネイルの構成の一つです。

 

右側に写真を持ってきて左側に大きい文字を入れて、

縁取りと影を入れて文字が浮いて見せるように工夫しています。

 

なお、少しでも画像処理をされた方ならわかりますが、

今回は橙色の文字だからこそ白の縁取りが目立ちましたが

テキストの色を白にしていたら、

白い縁取りにしても意味がありません。

同じ色で文字の外枠を飾っても効果ありませんので。

 

では、今回の作業フローが参考になりましたら

サムネイルを作ってみてください。

 

GIMPのデータ保存でテンプレート化してしまえば、

慣れたら画像を用意するだけで

作業自体は1分で終わるようになります。

 

それで再生回数が数千、数万単位で変わってしまったら

やらない理由がありません。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ