オリジナル動画で稼ぐ姿勢を貫くべきか?あるいは・・・

オリジナル動画で稼ぐ姿勢を貫くべきか?あるいは・・・

高畑です。

 

アドセンスに代表されるコピペ動画。

 

顔出しYouTuberは大っぴらにコピペなんてしませんが、

いや、やりたくても物理的に難しいんですが

我らがノー露出YouTuberにとって、

コピペ動画は救いの神みたいものでした(笑)

 

ところが、コピペ動画の弊害というか

思考しなくても行動力さえあれば何とかなるので、

似たような動画がどんどん増えてきている状況です。

 

そのため、実践者の中で埋没が起こり

以前ならアップしてすぐに再生回数が増えるような動画でも、

最近は伸びが悪くなっている傾向です。

 

このあたりは、実践していればわかります。

 

まあ、だからこそ「オリジナル動画は大事だぜ!」と、

声高く主張している人の声に

耳を傾けてしまいがちです。

 

では、実際にそうなのか?

 

オリジナル動画でないと稼げないのは本当か?

私自身はそうとも言えるし、そうとも言えないと判断します。

つまり、「オリジナル動画だからこそ稼げる」という主張に

ある面で賛成し、ある面で賛同できないということです。

 

もしオリジナル動画でないと稼げないなら、

jicken5boxさんは収益ゼロになってしまいます。

 

あのチャンネルに投稿されている動画が

ほぼコピペだからです。

 

背景画像やBGMはカスタマイズされていますが、

BGMは使い回しが多く

背景画像もネットで拾えるものが多いわけです。

 

したがって、実作業としては

コピペの題材を探してくるだけになります。

 

で、そういう動画でも稼げる現実。

 

もっとも、今から参入する人は

切り口変えないと稼げません。

jicken5boxさんと似たような動画をアップしても、

そうそう勝てっこないですから。

 

では一方で、オリジナル動画で稼いでるものは

どんな動画なのか?

 

無難な例は、

 

・赤ちゃん

・ペット

・街並みの風景

 

こういったものです。

これは完全にオリジナルです。

 

じゃあ、これらの動画の再生回数が

すべてミリオンなのか?

 

そんなわけありません。

 

「なにやらYouTubeは稼げるらしい」

「ペットと赤ちゃんを撮ると稼げるっぽい」

 

この程度の情報に飛びついて、

動画をアップした人が多く含まれているためです。

 

一応、行動力は大きく評価できますが

無策に行動しても成果は伴いません。

 

これでおわかりのはずです。

 

オリジナル動画だから稼げる、

非オリジナルだから無理。

 

そんな善悪二元論的な、

単純な話ではないってことに。

 

視聴者の刺激欲を満たしてこそ再生回数が増える

刺激欲とは、

 

・知らなかったことを教える

・感動を与える

・怒らせる

・笑わせる

 

つまり、視聴者の感情を刺激することに

心血を注ぐのです。

 

無味乾燥なつまらない動画を見ても、

視聴者は何も感じません。

となれば、コメントも評価も入るわけがないのです。

 

いや、実際はひどい手抜き動画であっても

バッシングのコメントが入ることがありますが、

継続的には入りませんので

視聴者の気持ちをいい意味で刺激しないといけないんですね。

 

で、そんな視聴者の気持ちに応えるヒントになるのが

他の市場で調査するということです。

 

どうしてもYouTubeで稼ぐとなると、

YouTube内ばかりに目を向けがちですが

そんなことは誰もが考えるわけですよ。

 

したがって、競合を出し抜くためには

 

・2chで伸びてるスレッドをピックアップ

・Twitterで話題の○○を見つける

・Facebookで流行りのあのトピックを参照する

 

などの、市場をズラす視点が必要です。

この辺の話は以下の記事にて。

>YouTubeで再生回数を増やすバズ動画を作る方法

 

視点をズラすことを磨くとライバルがいなくなる

視点をズラすと言うと難しく感じる人もいますが・・・

 

そもそも、閑古鳥が鳴いてるような市場でない限り

大なり小なりライバルはいて避けて通れません。

 

なので、ライバル不在でがっぽり稼げる市場自体

今のご時世ないと思うことです。

 

そうではなくて、ライバルはいるけど

彼らが思いつかないような発想で、

気づいたら競合が競合でなくなっている。

 

こう考える方が、「ライバル不在のなんちゃら」などの

甘い戯言に騙されることもなくなります。

 

具体的には、一昨年でしたか、

確か半沢直樹がバカ受けしました。

 

三流のYouTuberは半沢直樹動画をアップします。

思いっきり著作権違反です(笑)

 

そして、二流は半沢直樹の名場面を抜粋した

編集した動画を投稿します。

同じく著作権違反です。

 

最後に、そこそこイケてるYouTuberは

報道で使われた半沢直樹の画像を一枚用意して、

名場面をテキストで紹介しつつ、

堺雅人の過去の作品や、彼の性格などに切り込んでいきます。

 

これこそ、誰でも簡単にできるズラしの一例です。

 

公に使われたニュース画像なら、

即刻著作権違反にならないですし

半沢直樹をキッカケに、

堺雅人の経歴や人物像が気になる人もいます。

 

潜在的な欲求を掘り当てる。

 

最初は堺雅人に興味なんてなかったけど、

半沢直樹を見ていたら興味が出てきた。

気づいたら彼の歩みを見たくなった。

 

こういう人多かったんじゃないですか?

 

そして、こういう思考の変遷というのは

顕在化していないため

視聴者は検索してキーワードを打ち込みません。

 

潜在化している思いはもやもやしていたり、

フッとあるとき気が付くものですから

言語化することは不可能ですので。

 

だから、先回りして需要を提供する。

 

この視点があれば、どんなジャンルであろうとも

失敗することが大きく減ります。

 

要は、ここまで話してきたことを総合すると

オリジナルでもコピペであろうとも、

視聴者の需要にマッチしていたり、

需要を掘り下げていけば価値ある動画なんです。

 

動画の価値が上がれば評価を受けて

チャンネルがどんどん強くなる。

 

いかがですか?

単純なロジックでしょう。

 

あとはやるだけです。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ