YouTubeにあるテレビ番組の副業特集は役立たず?

YouTubeにある副業のテレビ番組は稼げる情報はない?

 

高畑です。

 

過去にテレビで放送された副業番組をYouTubeで探す人が、

アクセス解析を見ていると

最近増えているような気がします。

 

新卒採用も過去最高水準で、

景気は上向いてるということですが

じゃあ、皆の手取りが増えたのかと言えば違います。

 

せいぜい、大企業の社員と公務員だけで

中小零細の社員でベースアップした人は少数のはず。

 

だからこそ、副業を探す人も

比例して多くなっている寸法です。

 

で、実際にどういう副業情報が

YouTubeにアップされてるのか、

興味本位で見てみましたが・・・

 

どれもこれもクソばかりでした(笑)

 

テレビで放送される副業番組がひどい理由

私が思うに理由は二つあります。

 

・番組制作者がサラリーマンなので具体論が語れない

・視聴者のレベルに合わせているから

 

番組制作陣はしょせん雇われの社員ですから、

経営的な目線ができないのは当然として

具体的な副業ノウハウを語れるわけがありません。

 

彼らが副業なんてやってないからです。

だから、副業である程度成功した人の話を聞くにしても

的外れなインタビューしかできないので、

視聴者は満足できません。

 

そして、こちらの方が問題ですが

テレビは視聴者のレベルに合わせているということです。

 

仮にテレビ制作陣がアフィリエイト、YouTube、せどりなど

副業に詳しかったとしても、

視聴者は置いてけぼりです。

 

専門性のあることや具体論を語っても、

どうせ理解できませんので。

 

そもそも、ガチな人は自分でネットで情報を集め

積極的に情報を取りに行きます。

 

つまり、テレビで一方的に流される情報を

稼ぎたいと強く願う人は参考にしないわけです。

 

「金儲けは悪」という印象が根強い

それから、視聴者側のメンタルブロックも作用して

万一、まともな副業情報を得たとしても

行動のアクセスをベタ踏みできない心理もあります。

 

昔から、「汗水たらして働くのはいいことだ」という

道徳教育もあってか、

お金を汚いものと思っているフシがあるためです。

 

副業を探している人の中には、

この心理が働いてしまうこともあり

ある種の自己矛盾ですが、

相反する気持ちを抱えるのも、また人間です。

 

結果的に、いつまで経っても行動しないで

生活が豊かにならず、

嫌儲思想に陥るのもこの自己矛盾にあります。

 

ということで、いずれにしても

自分で目覚めて割り切らなければ、

どんな情報を吸収しても稼げるようになりません。

 

ホンマでっか!?TVで紹介された副業をやる価値は・・・

それから、副業の中には

「これは気が進まない・・・」というのもあります。

 

再現性、モラル、費用対効果。

 

副業を考える上では、この三つは欠かせません。

 

ちょうど今回の記事にふさわしい情報がありまして、

ホンマでっか!?TVで先日紹介された

三つの副業を紐解くと

この三つの要素の大切さが身に沁みます。

 

一言で言って・・・

どれも面倒でやる価値のないものばかりですが(笑)

 

・流木拾い

・お遍路代行

・チャットボーイ

 

これらを経済学者の門倉さんが紹介しましたが、

あなたはどれか一つでもやりたいですか?

 

流木拾いは海岸まで出向いて流木を拾い、

その後は長期間天日干しにして消毒。

海が近くにある立地で大きな木も保管できる

スペースがないと成立しない副業。

 

お遍路代行は依頼人に代わって、

お遍路に出向く稼ぎ方。

四国まで行けるか!アホ!

 

最後のチャットボーイはチャットレディーの男性版。

在宅でできるという点ではまだマシなものの、

月平均5万円程度の割に労力が多い。

 

ケチをつける気はないんですが、

多くの人はこう思ったはずです。

 

以上からわかるように、

TVで扱う副業情報なんてこんなものです。

 

でもって、ホンマでっか!?TVでは

扱いこそしませんでしたが、

従来からある副業も同じです。

 

例えば、

 

・治験

・運転代行

・警備員

 

これらの副業も、体力を求められたり

ちょっとしたリスクがあったり

手放しで喜べる副業とは言えません。

 

副業は家でできて費用対効果が高くないと意味がない

先の例で言うと、流木拾いやお遍路代行は

立地的な制約があり過ぎて論外です。

 

そして、運転手や警備員も

仕事帰りや休日やるとなると、

体力勝負になり年齢とともにできなくなります。

 

しかも、地方ならそのバイト自体の

求人自体がない恐れもあります。

 

だからこそ、立地選ばず

パソコンさえあれば家でできる副業でないと

意味がないんですよね。

 

在宅副業ともなると、手紙のあて名書きといった

何円単位の仕事は今でもありますが、

とてもじゃないけど安すぎてできません。

 

だからこそ、最近ではYouTubeアドセンスや

転売が副業で注目を浴びる理屈も頷けるというもの。

 

とくに転売は即金性もあるので、

すぐに現金化したい人はやらない方がどうかしてます(笑)

 

ということで、大した情報を流さないテレビの副業情報より

ネットにいくらでも転がってる情報の方が、

稼ぎに直結するネタと断言できます。

 

もっとも、情報が多過ぎて

迷ってしまうリスクもありますが、

しょうもない数少ない副業情報を流さないテレビより

選択の自由があるのは恵まれてることだと思います。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ