YouTube×Twitter連携で再生回数を増やす事例


YouTube×Twitter連携で再生回数を増やす事例

高畑です。

 

今回はYouTubeとTwitterを連携させて、

再生回数を増やしたプロセス

実例データを含めてお届けします。

 

テーマとしては、関連動画攻略になるんでしょうか。

 

もっとも、最初に言っておきますが

即効性のある方法ではありません。

 

なぜなら・・・

 

Twitterからのアクセス流入

再生回数が増える

多くの人間の目に留まる

動画の評価が上がる

関連動画欄に長期間食い込める

チャンネル全体が評価される

 

こうしたロジックがある一方で

以上のプロセスを踏襲するためです。

 

でもって、一番手間がかかるのは

Twitterアカウントを育てるところにありますので。

YouTube×Twitter連携で再生回数を増やす事例

 

その結果、トレンド動画を一切使わずとも

あるチャンネルではこういう感じになりました。

 

アドセンス熱はもう冷めているので、

あまりパッとしない数字ですが(笑)

 

一応、ピークのあたりが

Twitterで拡散したところになります。

 

Twitterで再生回数を上げるための下準備

さて、ここからは仕込みの段階で

最も地味で最も大切な部分でもあります。

 

だからこそ、これまでTwitterについて

何も言ってきませんでした。

 

決して私はTwitterが嫌いなわけではなく、

先ほども言いましたが

Twitterを活用するまでは手間がかかるからです。

 

「Twitterとか超楽勝!うはwwwコピペ最高!」

 

なんてありえませんし、

こんなこと口が裂けても言えません(笑)

 

したがって、Twitterを使うのは必須ではなく

YouTubeをメインに使い

余裕があったときに使う媒体という認識でOKです。

 

YouTubeはキーワード選定さえマッチすれば、

即日ヒットする可能性がありますが

Twitterは基本的に即効性はありません。

 

よほどセンセーショナルな動画を

つぶやいたら拡散されるかもしれませんが、

再現性に難がありますよね?

誰もがそんなことできるはずないですから。

 

とはいえ、ハマったらTwitterも威力があるので

動画制作作業の傍らで、

Twitterアカウントを構築していくのも

長期的な戦略としてはありです。

 

だから、今回紹介するわけですが(笑)

 

では、Twitterアカウントを育てて

機能させる手順を簡単にまとめておきます。

 

・プロフィールの作成

・フォロワー数を増やす

・属性をマッチさせる

 

一つずつ掘り下げていきます。

 

プロフィールの作成

二つ目の属性とマッチさせることと

密接に関係してきますが

どういうキャラ設定をするか考えないといけません。

 

・ある芸能人のファン

・サッカー大好き

・ブランドの○○が好み

・アパレル業界で働く

 

などの背景を明かさないと、

フォローされにくいのです。

 

あなたも無属性で卵のままの画像の

アカウントからフォローされても

何とも思いませんよね?

 

だからこそ、プロフィールである程度自己開示して

画像もイメージ合うものをアップすることが大切なんです。

 

また、プロフィール作りの一環として

具体的な数値を盛り込まないと反応率は下がります。

 

・社会人4年目で仕事が楽しくなってきました

・19歳の美容系専門学生です

・27歳にして驚きの高等遊民ライフに突入です

 

という感じです。

 

これにより、アカウント主の情報が

より詳しく伝わります。

 

そして、アカウントと言えば、

アカウント名は誰が見ても誤解されないよう、

明確に伝えることが必要です。

 

感動話を集める21歳社会人

・お笑い好きの府中在住の専業主婦

・リーマン生活6年目でサッカー狂いの田中

 

つまり、アカウント名は

サイトで言うことろのサイトタイトル。

プロフィール文はサイトトップページ。

つぶやきは記事更新。

 

こんな感覚です。

 

「このサイトはどういうサイトだ?」

「このTwitterはどういうアカウントだ?」

 

一見すれば関係ないように見えますが、

この二つは媒体が違うだけで、

基になる考えは同じなんです。

 

属性をマッチさせる

プロフィールを完成させたら、

内容に沿ったつぶやきも1日2回程度はしていき

属性に合うユーザーをフォローしていくと考えがちですが、

ユーザーフォローは最後の段階です。

 

したがって、最初は相互フォローOKというような

業者アカウントを積極的にフォローしていきます。

こうすることで、見かけ上のフォロワーが増えていきます。

 

なぜ見かけのフォロワーを増やすのかと言えば、

アカウントの基礎体力を上げるのと

フォロワー数が増えればフォローされやすくなるからです。

 

少なくとも前者は、フォロワー数2,000人の話は

あなたも聞いたことがあると思います。

フォロワー数を増やすことで、

アカウント凍結リスクがかなり低くなりますので。

 

もっとも、最近は2,000人ではなく

1,000人程度でも平気かもしれないと、

個人的には検証の結果、そう思ってます。

 

新規Twitterアカウントを開設して、

一日300人程度フォローしていき

1900人程までフォロワーも増えましたが、

凍結を受けていませんから。

 

とはいえ、Twitterの規約のさじ加減は

時期によって変わるので、

従来通りフォロー数を2,000人以上にすることに

異論はありません。

 

それから、フォロー数が2,000人を超えると

「このアカウントはちゃんと運営してそうだ!」と、

フォローした相手に印象付けられるので

対人間の意味でも見かけ上の数値は必要と言えます。

 

ちなみに、フォローしたからといっても

相手もフォローしてくれるわけではありません。

そういうユーザーは無駄なので、

一定期間が過ぎたら削除していきます。

 

その際は、ManageFlitterというツールを使うと

作業がスムーズに進みます。

>ManageFlitter

 

属性をマッチさせる

さて、ここまで順調に作業をこなしていけば

1ヵ月もすれば1,000人前後のフォローも増えてきたはずです。

 

早ければこの段階から、

属性を意識したフォローをしていきましょう。

>16プロフィール検索

 

上記のサイトを使うことで、

属性に関連したワードを打ち込んで検索すれば

マッチするフォロワーが見つかりやすくなります。

 

でもって、つぶやき検索も同時並行すれば

さらに効率的にフォローしやすくなります。

>つぶけん

 

有料ツールを使って効率化を図るのもいいんですが、

あえて手動のプロセスを挟むことで

「ここをこうすれば使いこなせる」という、勘を養えます。

 

逆を言えば、勘を掴んでいない状況で

Twitterツールを買ったとしても、

確実に使いこなすことはありません。

 

ツールはあくまでも作業効率化のためのもの。

ツールに振り回されて、HDの肥やしにしないよう

気を付けたいところです。

 

アカウントが育ってきたら自分の動画をシェアする

アカウントが育っていない段階で、

毎日自分の動画リンクをつぶやいたところで

業者botとなんら変わりません。

 

だからこそ、フォロワーとたまに絡み

人気(ひとけ)を感じさせる作業を組み込んでいきます。

 

そして、自分のつぶやきがフォロワーに

いくつかリツイートされるようになったら、

アカウントが育ってきた証拠。

 

こうなれば、アップした動画を

1日1~3回シェアしていけば、

どれかはバズっていくと思います。

 

思いますと言うのは、確率論であり

相手ありきの定性的なものなので、

だからこそ、未知数なんです。

 

ただ、Twitterにしても媒体が育って

損することは何一つありません。

 

仮に動画がダメだったら、

メルマガ登録LPを流してもいいし

ブログ記事を紹介しても反応は取れます。

 

さすがに直のアフィリリンクは、

ヘタすればスパム報告されて凍結するので

推奨できる方法はありませんが。

 

Twitterアカウントが育つまでどれくらい時間がかかる?

以上、お伝えしてきた方法を実践してくにしても

大体の目安がわからないと、

作業に熱が入らない人もいるかもしれません。

 

参考までに、Twitterがある程度機能するのは

最低でも1ヵ月はかかります。

ということで、2ヶ月前後の期間を要すると考えておいてください。

 

2ヶ月が長居か短いかは人によって感覚が違うでしょうが、

あくまでもTwitterはサブです。

 

メインのYouTubeを攻略しつつ、

地道にTwitterを育てていけば

「気づいたらTwitterアカウントが育っていた」

という状況になってるはずです。

 

どの媒体も地道な取り組みは必要なので、

甘い言葉に騙されずに実践することをおすすめします。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ