同じ動画を複数のチャンネルにアップして稼げるのか?

同じ動画を複数のチャンネルにアップして稼げるのか?

高畑です。

 

アドセンスなどで、手早く稼ぐ手段として

「そうだ!同じ動画を複数のチャンネルにアップすれば稼げる」

という、余計なことを閃いてしまう人もいると思いますが・・・

 

あるいは、すでに複数の同じ動画を

アップロードした人もいると思います。

 

そんな方は経験したはずです。

もれなくこんなメッセージを見たことを。

 

「拒否されました(重複アップロード)」

 

あなたはどうですか?

 

私は何度もあります(笑)

いろいろ裏で実験してますからね。

 

で、百歩譲って

拒否メッセージは出なかったとしても、

まだ次の関門が残っています。

 

「第三者のコンテンツと一致しました」

 

こんなメッセージもあるんですよ。

 

つまり、何が言いたいのかと言えば、

まったくおいしくありません。

 

いずれの場合も、同一動画を複数のチャンネルに

アップしようとしても弾かれるのがオチです。

 

当然、アドセンスで収益化は不可能なので

やるだけ無駄というのが結論になります。

 

いまいちイメージが湧かない人もいると思いますが、

サイトアフィリエイトに置き換えてみましょうか。

 

サイトにコピペ文章を貼りつけるとスパムになるように、

YouTubeにミラー動画をアップしても迷惑行為です。

 

この世でまるっきり同じ情報は必要とされませんから。

 

同じ動画をアップロードされているのを見たことあるけど?

とはいえ、YouTube内を徘徊していると

同じ動画と思えるものがアップされてることがよくあります。

 

ですが、厳密に言えば

微妙に動画内容が違っていたりするものです。

 

じゃあ、どういう風に違うのか?

 

例えば、AとBの二つのそっくりに見える動画があります。

 

ともに再生時間が3分ですが、

AはBGMの開始が再生後10秒後で

BはBGMの開始が再生後14秒後。

 

ここには4秒のズレがあります。

 

つまり、数秒単位でも音にズレがあれば

YouTubeは現段階で別の動画とみなすようです。

 

ということは・・・?

 

こういう動画を作ってそれぞれ別チャンネルにアップすれば、

YouTubeからダメ出しされることはありません。

 

あくまでも、現段階の話なので今後はわかりませんが。

 

YouTubeのロジックが大幅に進化して、

「この複数の動画は大して変わらないしアップさせねー!」と、

今よりシビアな措置を取るかもしれません。

 

ということで、今のうちに少し手直しした

そっくりの動画をアップしまくるか、

手間はかかってもオリジナル動画を投稿するか、

どちらを選ぶかは各々の考え次第です。

 

自力を鍛えるなら後者一択ですが、

小金を稼ぐ経験を積むなら前者が圧倒的に早いので

まさに、選択の自由と言えます。

 

アドセンス脱却からのいいチャンス

小手先のテクニックは私も大好きですが、

それは相手が許してくれている間だけの期限付きです。

 

・アドセンスで再生回数を伸ばすための数々のテクニック

・動画を一瞬で量産させるテクニック

 

こういったものは、YouTubeがまだ未成熟だから

通用する技に過ぎません。

 

これはYouTubeに限らずどの市場も黎明期は、

多くのユーザーを囲い込みたいがために

わざと規制をゆるくしている側面もあります。

 

ともあれ、YouTubeを利用して長く稼ぎたいなら

オリジナル色のある動画を作るのが賢明です。

 

オリジナル動画と言っても、

ためらったり驚くことはありません。

 

完全オリジナルが難しければ、

ニュース記事コピペ動画に自分の意見を載せて

視聴から意見を募る言葉も添えた、

ユーザー巻き込み型でも構わないためです。

 

誰でもいきなり独自性のある動画はできませんから、

段階ごとに歩む必要はあります。

 

オリジナル動画バカになってしまい、

「独自企画を作れる顔出しYouTuberにならなきゃ!」など、

思うことは一切ありません。

 

要は、最低限の編集を済ませて

世間が求めているものを提供すれば

相応の評価はもらえるということですから。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ