YouTubeアノテーションで再生回数を3倍にする使い方

YouTube アノテーション 使い方

高畑です。

 

今回はアノテーションの効果的な使い方をお伝えしていきます。

アノテーションは昔からある機能の一つですが、

一言で言ってしまえば「連結」です。

 

既存の動画から再生回数を増やしたい動画に

飛ばすことがメインの役割となります。

 

とくにYouTubeアドンセスに取り組んでいる方は、

再生回数を上げないことには話になりません。

 

したがって、アノテーションを効果的に使うためには

再生回数が伸びている動画から、

再生回数を伸ばしたい動画に飛ばすと

チャンネル自体で動画が回るようになります。

 

A動画(再生回数上昇中)→B動画(これからグッと伸ばしたい)

 

こういう使い方がまず挙げられます。

 

あるいは、今ある動画の再生回数が伸びているが

さらに再生回数を伸ばしたいと思ったら、

その動画以外の別の動画から

アノテーションリンクを貼ることも効果的な使い方です。

 

C、D、E、F動画(並の再生回数)→K動画(再生回数をさらに伸ばしたい)

 

こういった使い方もできます。

 

もちろん、動画以外にも再生リストに飛ばしたり

チャンネル登録を促したりすることもできますが、

普通は動画に飛ばすことが主となるはずです。

 

なお、その他のアノテーションの使い方を引用しますと・・・

・動画への高評価、お気に入りへの追加、動画の共有などを視聴者に呼びかける。
・具体的な質問を投げかけて視聴者との距離を縮める。
・動画から直接、簡単にチャンネル登録できるようにする。
・長時間の動画の目次として利用する。
・関連動画や、動画に出てくるコンテンツにリンクする。
・シリーズの他の動画にリンクする。
・他の動画、再生リスト、チャンネル、同じ動画の完全版にリンクする。
・動画内の一部をクリック可能にし、インタラクティブにする。
・自分のサイトやオンライン ストアを紹介する。
・自分のソーシャル メディアのページにリンクする。
・古い動画に使用し、その動画を再生した視聴者に最近の動画を紹介する。
・隠しておいた宝の「宝探し」や、動画のインタラクティブ ゲームなどに利用する。
・動画の特定の部分に対する補足説明を加える。

引用元:https://www.youtube.com/yt/playbook/ja/annotations.html

このように、細かいアノテーションの使い方が掲載されています。

 

チャンネル内の動画を次々と見せるためにアノテーションは使う

ご覧のように複数のアノテーションの使い方がありますが、

チャンネルにアップされている動画を次々と見せて

できる限り視聴者を離脱させないことが大切です。

 

これはアドセンスもリスト取り動画でも共通した考え方です。

滞在時間が伸びれば、こちらが望む行動を

視聴者がしてくれる確率が上がりますから。

 

そのためにも、アノテーションの特徴を

細かく知っておくことが必要です。

 

これを知らないと、他のチャンネルに視聴者が流れてしまい

アドセンス収益低下や、オプトイン率も下がりますので。

 

サイトアフィをやっている人なら直観的にわかりますが、

いかにサイト内でユーザーを回遊させて買ってもらうか

多くのアフィリエイターは腐心しています。

 

YouTubeもサイトもインターフェイスが違うだけで、

メディアという枠は同じなのです。

 

どうやって視聴者の時間をうまく奪うかが、

動画投稿者に求められています。

 

アノテーションの基本的な設定方法

では、アノテーションの設定方法を見ていきましょう。

アノテーションを設定したい動画を選択して、

編集していきます。

YouTube アノテーション 使い方01

アノテーション編集画面では以下の設定が可能です。

YouTube アノテーション 使い方04

1.アノテーションを追加

吹き出し、メモ、タイトル、スポットライト、ラベルの中から選択。

吹き出しかメモを使うのが無難です。

 

タイトルは背景色とリンク設定ができないため不便ですし、

スポットライトとラベルは何のために使うか意味がわかりません(笑)

 

ということで、アノテーションの種類に関しては

吹き出しかメモで事足ります。

 

2.書き込んだテキストが表示される欄

これは説明不要と思います。

 

3.ゴミ箱

設定したアノテーションが気に入らなければポイしましょう。

 

4.テキスト入力欄

ここが一番肝心です。

というのも、この文言一つで視聴者の行動が変わりますから。

彼らが思わず反応してしまう文章が書けたら最高です。

YouTube アノテーション 使い方03

 

こんな訴求であれば、飛びたくなりますか?(笑)

 

5.選べる二つのタイプ

インパクトとノーマル、二種類選べますが

何がどう違うのかわかりません。

 

6.&7.サイズと色

テキストフォントサイズとテキストの色

 

8.アノテーション背景色

画像で青に設定している部分です。

 

9.&10.開始時間と終了時間

どのタイミングでアノテーションを出すか決めます。

 

11.外部リンク設定

アノテーションにリンクを貼るなら飛ばす先を選びます。

普通は動画か再生リストしか貼らないと思いますが、

人と違う使い方をすれば目立てる可能性は上がります。

 

アノテーションの不便なところと気を付けるポイント

アノテーションは使い方によってはかなりの効果を発揮しますが、

スマホから動画を見た場合はリンクが貼ってあっても飛べません。

今後はどうなるかわかりませんが、現状はそういう仕様です。

 

したがって、スマホユーザーに対して

飛んでほしいリンクがあれば、

カード機能を使うのがベターな選択肢です。

>YouTubeカード機能をリスト取りとアドセンスに使う方法

 

それから、こちらはアノテーションを使う上での注意点ですが

いくら視聴者に訴えかけたくても、

アノテーションを乱発したり長時間表示せても無駄です。

 

これはあなたが視聴者側の立場を想像すれば、

すぐにわかります。

ウザいことこの上ありません。

 

でもって、YouTubeのアノテーションに限らずに

情報配信者のPRは基本的には鬱陶しいのです。

 

一昔前はホバーウィンドウと言って、

サイトを表示させると

上から降りてくる表示もありましたが、それと同じ理屈です。

 

だからこそ、ユーザーに反発されない程度に

うまく自分の主張を訴える絶妙のバランス感覚で、

アノテーションを効果的に使っていきましょう。

 

これは肌感覚を掴むためにも、

アナリティクスと睨めっこしながら検証するしかありません。

 

今回はアノテーションの基本的な使い方でしたが、

大半の動画投稿者はこれさえやっていません。

 

だからこそ、少しでもアノテーションを使えば

ごぼう抜きにできることもあると思います。

 

ぜひ試してみてください。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ