YouTubeで稼ぐためにはマーケティング力を養え!

YouTubeで稼ぐマーケティング

高畑です。

 

YouTubeで稼ぎたいという人は数多いですが、

どの媒体を使うにしてもマーケティング力は問われます。

 

と言っても、私もマーケティングのすべてを熟知してるわけでもなく

実践しているわけでもありません。

一回限りの人生で、事細かいマーケティングをマスターできませんから(笑)

 

一方で、多くの人はマーケティングを難しく考えすぎだと思います。

頭痛を招くような細かい横文字専門用語を使って、

したり顔になってる人もいますが・・・

 

そんな枝葉末節を覚えても意味がありません。

 

マーケティングはこれだけ覚えておけば何とかなる

これだけ覚えておけばYouTubeで永続的に稼げるとは言いませんが、

マーケティングのキモさえ押さえておけば当面は稼げます。

 

ではそれは何か?

 

つまるところ、マーケティングとはこの一言です。

 

「誰に何をどうやって売るか」

 

これがすべてのベースになります。

細かいことは後から十分マスターできます。

 

YouTubeで人気のあるジャンルを考察した後、

どういう視聴者層がいて

まず彼らはどんな単語で動画を検索するのか。

 

そして、彼らが満足する動画は

どういうタイプの動画がいいのか。

 

どうやっては、YouTubeに動画をアップするだけなので

細かくは語りませんが、

大勢に見せるにはサムネイル、動画タイトル、タグ、関連動画攻略、

上記の施策は適切に行わないといけない。

 

このような思考プロセスは求められますが、

従来のマーケティング論より簡単ですよね?

 

コピペでもヒットする動画を作る実例

では、そんなインスタントマーケティングを用いた

実例をお話しします。

YouTubeで稼ぐマーケティング2

こちらは私が管理しているチャンネルの一つですが、

アップしている動画はすべて2chからのコピペです。

 

その中で、赤枠で囲んである動画は

2ヶ月で90,000回再生を突破しています。

 

正直、トレンド系の動画ならば

アップして数日以内で10万回再生とか行きますので、

回数自体は決して誇れるものではありません。

 

もっとも、画像のチャンネルは

トレンド系を一切排除した

普遍的なテーマですから手堅くはあります。

 

もちろん、このチャンネルを構築する前に

「誰に何をどうやって売るか」ならぬ、

「誰に何を見せるか」は意識しました。

 

そう考えた結果、世知辛い世相ゆえに

心に渇きを感じている人も多いため

感動系の動画をアップロードしていきました。

 

もちろん、「これはヒットするだろう!」という動画が

再生回数数百程度で終わり、

「まーこんな感じでいいか」という適当な感じで作った動画が

再生回数1万回を超えたりと、

作ってみないとわからないことは多々あります。

 

だからこそ、理論先行よりも

最低限の知識を詰めたら、

残すは行動あるのみという姿勢の方が成果は出ます。

 

それを体感しているからこそ、

マーケティングの知識は必須であるのと同時に

知るべきことは最低限でいいと思うのです。

 

実践していくうちに、自然と知識は身に付きますし

がりがり机上の勉強をしても効果は薄いのです。

 

童貞のくせにエロ動画見まくって、

知識と妄想で悶々とするのと同じです。

 

例えが下品でした?(笑)

 

成果が出ないときもマーケティング視点を忘れない

実践しても成果が出ないことは山ほどあります。

 

私もYouTubeに関して言えば

没になったチャンネルは多々ありますし

それ以外の媒体でもゴミアカウントは山ほどあります。

 

数個作った程度で成功したら、

誰でも億万長者ですから

そこは気持ちを割り切るしかありません。

 

で、割り切るは割り切るも、

ちゃんとした視点を持っていないと

同じことを何度も繰り返すことになります。

 

さきほど、「誰に何をどうやって売るか」と言いましたが

これを前提に他と違う優位性を打ち出さないと、

どの市場を攻めるにしても埋もれていきます。

 

要するに、差別化を考えないといけないということです。

 

もちろん、差別化を考えて実行して

それでも成果が出ないことはあります。

これは誰でも同じ道を歩んでいます。

 

そんなときは、以下の視点を持ってください。

 

・自分を好きになってくれるターゲットに変える

・ターゲットが好きになるよう自分を変える

 

似て非なる視点ですが、個人的には前者の方が楽です。

 

イメージとしては、さらに深く世間の需要をリサーチして

それに合ったものを提供すれば、

ターゲットはあなたを好きになってくれます。

 

一つの市場ジャンルにこだわるのも職人的で素敵ですが、

しばらく実践しても成果が出なければ

撤退して他に目を向けることも必要だということです。

 

YouTubeに限らず、Twitter、アメブロ、ワードプレス、

ありとあらゆるメディアで同じことが言えます。

 

それから、後者のケースは

より大衆迎合色が強くなるので、好き嫌いは別れると思います。

 

恋愛に置き換えると簡単にわかります。

 

「あなたが好きになってくれるため私変わるから!」

 

という女性を想起してください。

 

簡単なようで難しいです。

人の気持ちはファジーなものですから。

 

ならば、最初から人々が興味ある分野を探り当てて

商品を提供していく方が難易度は下がるはずです。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ