【胸糞】アドセンスで稼ぐため再生回数を強引に伸ばす思考法

YouTubeアドセンス 収益 伸び方

高畑です。

 

今回はYouTubeアドセンスで稼ぐために、

強引に再生回数を伸ばす考え方お伝えします。

 

私自身は、別にアドセンスで稼ぐこと自体に

全く固執しておらず、

YouTubeを使って稼ぐ一手段としか考えていません。

 

ですが、一応検証も終わったので

思うところを話していきます。

 

なお、先に言っておきますと

見る人によっては胸糞悪くなるので、

ご注意あそばせということでお願いします。

 

強引に再生回数を伸ばした売国行為

胸糞が悪くなったのと同時に、

何のこっちゃという気持ちだと思いますが

これこそが私が実践したことです。

 

つまり、再生回数を増やすために

日本を貶めたのです。

 

もっと具体的に掘り下げていきますが、

やったことは至ってシンプルです。

 

というのは、少し前に嫌韓系の動画で

収益無効化が取り上げられました。

 

私もそのことは記事にしています。

>政治系YouTubeアドセンスはいつまで稼げる?

>某国のイージスが収益無効化された理由と学べることとは?

 

では、なぜ嫌韓動画で収益無効化の措置が取られたのか?

 

YouTubeが理由を発表することはないでしょうが、

多数のクレームが寄せられたことは想定できます。

 

つまり、国内外の韓国朝鮮人が

YouTubeに口撃したのではないかと思うのです。

 

であるならば、その彼らと一戦交えようとするのではなく

ひたすら寄り添ってみてはどうか?

こう考えてみることにしました。

 

要は、彼らをひたすら持ち上げて

今度は軽く日本を貶す動画を作ったらどうなるのか、

そんな仮説を立てて動画をアップしたというわけです。

 

その結果、アップして1日少しで2万回再生を超えました。

この数値がいいのか悪いのかは知りません。

 

一応コツとしては、動画タイトル、タグ、サムネイルの順で

注意を払って投稿しただけで、

チャンネルはこのために作った新規チャンネルです。

 

この中でも動画タイトルはとくにミソで、

多くの日本人の感情がカチッと反応せざるを得ない

イラつかせるタイトルにしておきました。

 

そして、こちらもまたポイントで

動画内と動画説明欄に主義主張を訴えて

視聴者がコメントするようにアジったのです。

 

着想のヒントは反対視点にある

今回やった方法は、常識を反対から視ただけです。

 

すなわち、嫌韓が定着化している世論の中で

一人の日本人が在日韓国人をあえて庇うようなマネをする。

 

これだけで、保守層の日本人からしたら総スカンです。

 

総スカンのイメージ湧かなければ、

よく嫌韓まとめサイトにあるような

香ばしいコメントには、

日本人がこぞって叩いてることを思い描いてください。

 

という感じで、反日日本人のフリをして

日本人の感情を煽りまくり、

コメントを書かせた結果、

再生回数を稼げることもわかり検証を終えました。

 

検証が終わったころは、わりとゲンナリしましたが。

 

で、ここで言いたいのは

「反日動画をアップして日本人を怒らせよう!」など、

そういう短絡的な売国推進運動をしたいわけではありません。

 

私自身、愛国心はほとんど持ち合わせていませんが

それでも生まれ育った国を貶し貶されるのは、

心が痛みますからね。

 

だからこそ、その動画には収益設定せず

再生回数を伸ばせるかどうかのテストに終始しただけです。

 

いかがでしたか?

 

繰り返しますが、この検証を通じて

私が一番伝えたかったのは、

世間の通説を疑って

反対の立場から物事を見た方がいいということです。

 

多くの人は、成功事例のパターンの一つが崩れただけで

すぐに大騒ぎします。

 

実際に、嫌韓動画の収益停止で騒いでる人は多く見ました。

「もうアドセンスは終わった・・・」と。

 

間髪入れずに、

「いやいや・・・終わってるのはお前の頭だよ」と、

思いましたけどね。

 

思考を放棄することは誰でもできますし、

一応、少しは気持ちはわかります。

 

のほほんとして、考えないのは楽ですから。

 

プカーッと水面に浮いてるラッコのように気ままに生きれたら、

それはそれで幸せかもしれないじゃないですか?

 

いや、ああ見えてラッコも何か考えてるのかもしれませんが。

 

考え方をもう一例

今回の事例は感じが悪かったかもしれませんので、

もう一つ考え方を共有しておこうと思います。

 

とはいえ、こちらは実際に検証してないので

ヒットするか否かはわかりません。

 

したがって、話半分程度に聞いておくのが

無難と言えば無難かもしれません。

 

で、話を進めてお伝えします。

 

例えば、アドセンスで感動系が人気だとします。

 

いや、実際人気のジャンルですが

それゆえに、感動系の動画だらけになるのは考え物です。

 

そこでどう考えるか?

 

感動の反対の感情はどういうものか、

少し考えてみます。

 

すると、胸糞が悪くなるもの、怒りたくなるもの、

こういった感情があると思います。

 

では、胸糞が悪くなるものと言えば、

修羅場系のまとめなんかは参考になるはずです。

あのまとめには、人間関係のありとあらゆる

負の側面が描かれていますからね。

 

不倫、パワハラ、親兄弟、義家族、

ここには多くの悲哀と憎しみが溢れています。

実際、そういう体験談多いじゃないですか。

 

それからは、やる作業は簡単です。

 

そういう修羅場動画を数十個アップしたら、

感動系で人気の動画にコメントを残して

視聴者の誘導を図っていきます。

 

もちろん、あからさまに宣伝臭を漂わせるのではなく

あくまでもスマートなコメントをしてください。

 

「それで本当に視聴者を誘導できるのか?」

と思うかもしれませんが、

人間の気持ちは絶えず波のように動くものです。

 

いくら感動系の動画が好きであっても、

ずーっ見続けられる人も少ないのです。

もっと言えば飽きてきます。

 

だからこそ、真逆のスタンスを提供することで

気持ちの均衡を保とうとする人もいるわけで。

 

そもそも修羅場話を嫌いな人は少ないと思いますしね。

自分が当事者ではない他人のトラブル話は、

まさにメシウマですもの(笑)

 

この心理を突けばこそ、

意外と再生回数を伸ばせるんじゃないかと踏んでいます。

 

以上の話を試す試さないは自由です。

再三言いますが、検証してないので絶対ではないですから。

 

ただ、実践自体は無料ですから

やってみても面白いとは考えています。

 

流行に乗るのも一つの方法ですが、

あえて流行と逆をするのも一つの方法なので。

 

「人の行く裏に道あり花の山」

 

この言葉のように、あえて人と違うことをすることで

成功を収めることは珍しくありません。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ