YouTubeで再生回数を増やして稼ぐSNS視点とは?

sns01

高畑です。

 

今回はYouTubeを攻略するための大原則をお伝えします。

これを知らないと、数々のテクニックも無駄になるので

ぜひマスターしていただければと思います。

 

YouTubeアドセンスにしても、リスト取りにしても

動画をアップロードする以上は

再生回数を増やさなければ、しょぼい結果しか出ません。

 

これは当たり前の話なんですが、

YouTubeで稼ぎたいと思っている人でも

再生回数に繋がらないことばかりに注力している人が目立ちます。

 

動画の内容にやたらこったり、編集に力を入れすぎたり、

この手のことが最たる例でしょうか。

 

もちろん、クオリティの高い動画を作れば

自然発生的に口コミが生まれて、

シェアしてくれる人も出てくるかもしれません。

 

ですが、それでは不確定要素が強すぎます。

要するに再現性がありません。

 

そもそも動画のよしあしは定性的であり、

個々人の主観に大きく左右されますからね。

自分がいいと思っても他人がいいと思うかは別問題です。

 

ここで考えないといけないことは、

なぜ再生回数が伸びない人が圧倒的なのか?

 

そして、着実に再生回数を伸ばすには

どういう考えを持たないといけないのか?

 

このあたりを今回お伝えしていきます。

 

稼げない人はYouTube=SNSという考えがない

「YouTubeは検索エンジン」と主張する人もいまして、

私自身も別に反論はありませんが

YouTubeはSNSと考えた方がしっくりきます。

 

そう、SNSです。

あなたも知っている、Twitter、フェイスブック、

かつて隆盛を極めたmixiもSNSですよね。

 

SNS運営の目的の一つに、暇つぶしユーザーの囲い込みがあります。

基本的に、SNS内でユーザーが自発的に検索することは少ないわけです。

検索したいなら直接Googleに行きますからね。

 

あなたもこんな体験あると思いますが、

例えばYouTube内でスラムダンクのアニメを

見たくなったとしますよね?

 

そのとき、検索窓にスラムダンク、slam dunkなど、

こんなキーワードを打ち込むはずです。

そして、お目当てだったスラムダンクを堪能したとします。

 

ここまでは順調な滑り出しだと思います。

で、本題はここからです。

 

動画を楽しんだ後に、関連動画欄に

幽遊白書が目に入ってしまったわけです。

slam dunk

スラムダンクも好きだったけど、同じくらい幽遊白書も好きだったら

つい見てしまってもおかしくありません。

 

さて、この間、幽遊白書という言葉を検索したでしょうか。

してませんよね。

 

たまたま目に入った幽遊白書という単語とサムネイルで、

思わず動画を鑑賞してしまった。

 

これこそSNSの流れです。

何かしらの検索目的があってアクションをしたわけではなく、

偶然目に入って衝動的に見たことがです。

 

つまり、ユーザーがサイト内で回遊させる仕組みを

YouTubeが作り上げているということです。

 

暇つぶし目的のユーザーを、いかに長く滞在させるか

YouTubeは腐心しているとも言えます。

 

この部分に、再生回数を大きく伸ばすための

ヒントが隠されています。

 

動画をSNS的な視点で使っている事例

ここまでで言えることしては、

再生回数を伸ばすには、関連動画欄の攻略が要因の一つになります。

言うなれば、マクロ的視点というところでしょうか。

 

そして、この視点を具体的に落とし込んでいる

YouTuberがいるのでシェアしておきます。

もしかしたら、一度くらい見たことがあるかもしれませんが

アンパンマンのおもちゃレビューをしている

Kan & Aki’s CHANNELさんの動画で、

子供がおもちゃで遊んでレビューするという内容です。

 

アンパンマン おもちゃ かんな

と、サジェスト表示されるほどなので有名なんですよね。

 

私から言わせれば、動画内容はただのレビューですし

まったく面白いと思いませんが、

それでもこれだけの再生数をたたき出すのはすごいことです。

 

実際、この人の動画を一つでも見たら

自身の動画で関連動画欄が埋め尽くされる勢いですからね。

 

で、ここまで言っておいてなんですが

この動画で一番注目していただきたいのは、

再生数もさることながらコメント欄なんですよ。

 

普通はアップロードしたらそのままで、

もらったコメントに対して返答はしません。

私も面倒なのでしませんし。

 

ところが、この投稿者はすべてのコメントではないですが

コメントにレスしています。

 

コメント投稿者もレスされるとは思ってなかったと思いますし、

動画投稿者から予想外のコメント返しは嬉しかったでしょう。

 

ここで大事なのは、その他ユーザーの心理状況も

考えていくことも欠かしてはいけません。

 

動画投稿者が、任意のユーザーにコメント返している状況から

「もしかたら自分のコメントにもレスしてくれるのは?」と、

その他大勢に意識付けをさせているという点です。

 

これにより、動画視聴回数や視聴時間自体が伸びることになり

結果的にチャンネルの評価が高まっていきます。

 

チャンネル自体が強くなれば、アップされる動画も

優先的に関連動画に掲載される率が上がります。

 

動画をSNS的な視点で使っている好例と言えます。

 

では、別の角度からもう一つ事例を見ましょう。

この動画のうまいところは、再生数が稼げる韓国関連もありますが、

動画説明欄の使い方です。

 

やはり韓国にスポーツマンシップはないと感じたらグッドをお願いします。

 

取ってほしい行動を促して、動画の評価を上げています。

動画の評価が上がれば、チャンネルも強くなるので

これもまたSNSならではの使い方です。

 

YouTube攻略全体像のまとめ

YouTubeで再生回数を増やして稼ぐには、

今回お伝えしたことが大前提です。

 

小手先の動画編集に頼ったり、サムネイルで釣ったりしても

SNS視点がなければ長期的に稼げません。

テクニックは味付けであってメインではないからです。

 

基本になる部分があるからこそ、再生回数を伸ばすための

個々のテクニックが活きてきます。

 

そういう視点で、再生回数が多い動画を研究していくと

自分が目指すべき動画が見えてくるんじゃないでしょうか。

 

つまり、YouTubeを上から見下ろす俯瞰思考がないと

動画をどんなにアップロードしても、

まぐれでも起きない限り再生回数が稼げないとも言えます。

 

それから、この記事で言ったSNS的な使い方は、

あくまでも一例に過ぎません。

 

もっと効果的な方法はあなたも研究していければわかると思いますし、

私もどこかで披露したいなとは考えています。

 

ともあれ、まずはYouTube攻略の基本として

SNS視点は忘れないようにしましょう。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ