ニュース画像はYouTubeで著作権違反になるか?

news

高畑です。

 

今回はニュース画像を使って動画をアップすると、

著作権はどうなのかということを共有します。

 

で、結論から言えばアウトではありません。

ニュースで使われたとわかっている画像ならば、

ニュースの引用元を明記することが条件ですが。

 

要するに、事実の引用という体を取れば

まず問題になりません。

 

もっとも、好き勝手に画像処理して無断で使うと、

どうなるのかはわかりません。

 

万一、画像を使われた本人が

侮辱罪で訴える可能性もあるかもしれませんので。

 

まあ、ないと思いますけどね。

だから、万一と言ってるわけです。

 

芸能人の写真を使ってもOKか?

では、ニュース画像の代表格である

芸能人もアウトではないのか。

 

芸能人の画像を挿し込めば、

再生回数が伸びると思って

写真を使うYouTuberもいますが、

報道で使われたものならギリOKでしょう。

 

ただ、非営利ならまだしも

アドセンスで使う意図があれば、

芸能人の写真はニュース画像であっても

積極的に載せない方がいいと思っています。

 

結局、どこで虎の尻尾を踏むかわかりませんので。

自らリスクテイクすることはありません。

 

たとえ、誰と誰が結婚して、誰と誰が離婚したなど

こういう事実の報道であって、

そのニュースで使われた写真でもあってもです。

 

とくに離婚で使われた画像は、

より避けた方が無難です。

 

一般的に離婚はマイナスイメージで、

そのタレントの株を下げます。

 

離婚で株を上げることはありますが、

それは短期的にではなく

ある程度時間が経過してからというもの。

 

そんな芸能人が離婚して間もなくのころ、

あなたが離婚直後の人物の写真を使って

アドセンスをはじめとした対価を得ていたことを、

芸能事務所に発見されたら・・・

 

人気商売の彼らをダシに使って、

自分が利益を得ていたら

面白くないと思う人間もいるはずです。

 

一応、警告はしておきます。

 

とはいえ、一方で芸能事務所は

よほど悪質な使い方をしてる媒体を除いて、

基本的に所属タレントの画像使用は野放しにしてます。

 

芸能人は人気商売なので、

知名度がないと厳しい面があるためです。

 

むしろ、公序良俗に反しない限りは

タレントの写真を積極的に使ってほしいとも

思っているフシがあります。

 

これが法と現状のギャップというものでしょうか。

 

だからといって、こちらが調子に乗って

無断でガンガン使っていい理由にはなりませんが。

 

いつ状況が変わるか読めませんので。

 

芸能人がマズければ政治家の写真はOK?

ニュースと言えば、芸能人と並んで

政治家も大きく取りざたされます。

 

そのため、政治家の写真を使うか否かを

考えてる人もいると思います。

 

写真を使う使わないで、

与えるインパクトは違いますから。

 

で、彼ら政治家の写真に肖像権が発生するかは

大半の場合は「ノー」と言えます。

 

政治家のプライベート写真をみだりに撮って

ばら撒くことは法に触れると思いますが

あくまでも彼らは公人です。

 

公人である以上、公務中の彼らが撮られた写真を

投稿しても法律違反になりません。

 

撮った写真を悪意全開で写真加工して

アップしたら話は違うでしょうが。

 

もっとも、お伝えしているように

肖像権自体はクリアしても、

写真自体に著作権が及ぶため

ノープランでアップしまくるのも推奨しません。

 

いかに公人の写真とはいえ、

どこの誰が撮ったかわからない写真の使用は

こういう一抹の怖さはありますかね。

 

ということで、こちらもまた

ニュース記事の画像を使って、

引用元を明記するのが安全性が高いでしょう。

 

政治家と言えば国会中継の著作権は?

国会の動画をアップして、

アドンセスで稼いでる人もいますが

厳密に言えば、残念ながら法に抵触しています。

 

本来、国会中継自体は

国民の知る権利があるので、

著作権が介入する余地がありません。

 

過去にNHKは、中山なりあき議員が

従軍慰安婦のねつ造に踏み込んだ動画を

「著作権違反」として強権発動で、

YouTubeから国会中継動画をごっそり削除しましたが。

 

後日ネットでこのことを突っ込まれると、

NHKは「著作隣接権」と主張して

自身の行為を正当化しました。

 

というように、大変遺憾なことに

国会中継自体は著作権フリーでも、

それを放送するNHKという団体があるため

著作隣接権という権利が発生してしまいます。

 

たかだか一個人が、

NHKから著作隣接権の許可を得て

動画をアップできるはずありません。

 

まあ、NHKとしても苦し紛れだったのか

中山議員が突っ込んだ

日本の正当性を訴える動画を消した以外は、

他の動画には目を瞑っているのが現状です。

 

ほら、NHKは

「二ホン・ヘンタイ・キョウカイ」の略称だけあり、

偏向報道なんでもござれで

日本の足を引っ張るが大好きですからね。

 

こういう団体が公共放送を名乗り、

ヤクザ顔負けの受信料追い剥ぎビジネスをするのは

ただただムカつくとしか言えませんが。

 

だからこそ、NHKに法律がどうとか

言う資格なんてないんですよ。

 

これは高畑の一個人の意見ですが、

こう思ってる人は多いと感じています。

 

さて、後半あれこれ話が脱線しましたが、

このあたりでまとめておきます。

 

YouTubeにニュース画像を載せるには、

事実の報道を拡散するためであり

引用元を明記すれば、ほぼ問題ありません。

 

それでも不安であれば、

オリジナル動画をアップして

手堅く稼いだ方がいいとも

改めて言っておきます。

 

権利関係にびくびくして手が止まるより、

手間を惜しまず自分の動画を投稿した方が

はるかに生産的です。

 

なお、今回の記事と関連性が高い

こちらも目を通しておいてください。

 

>YouTubeでニュースをコピペするのは違法か?

>YouTubeアドセンスのコピペ動画の著作権について

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ