コピーライティングの勉強は動画全盛時代にムダなのか?

コピーライティング

高畑です。

 

今回は今のご時世コピーライティングを勉強する価値があるのか、

考えを述べていきたいと思います。

 

なぜこんなことを言うのか、理由はシンプルです。

YouTubeを筆頭に、動画市場が右肩上がりになるにつれて

テキストの重要性が軽視されがちだからです。

 

あなたも実はそう感じていませんか?

 

確かに動画は情報量が優れています。

テキストと違い視覚以外に聴覚にもメッセージを訴えらえて、

情報配信者の主張が無理なく伝えることも可能です。

 

この状況だけを考えると、

コピーライティングの価値は下がっているように思えますが・・・

 

はたして実態はどうなのか、見ていきましょう。

 

コピーライティングを勉強する価値は本当になくなったのか?

まず、今回私が言うコピーライティングとは

売るためのものです。

 

ですから、小説のような表現豊かな文章で

読者の心をグッと鷲掴みにするようなものとは違います。

私も小説で書かれるような文章は一切書けませんから(笑)

 

例えば、川端康成の雪国の一節。

 

「・・・トンネルを抜けるとそこは雪国だった」

 

これを最初見たとき感動すらしましたが、

こんな情景を一瞬で思い浮かばせるような文は

稼げるようになってからで事足ります。

 

むしろ、稼げないうちから高度な表現技法を学んでも挫折するだけです。

三度の飯より文章書くのが好きなら止めませんが、

それほど文章を書くのが好きなら稼ぐために書くべきです。

 

したがって、小説で使う技法を無理に学ぶ必要はないですが

一方でセールスコピーライティングを、

勉強する価値は下がったわけではありません。

 

これが結論です。

 

一部の売れないアフィリエイターが、

自分の文章力のなさを棚に上げて

コピーライティング不要と吹聴してますが、

意に介する必要はありません。

 

確かに動画の台頭で、テキストの比重は下がりました。

これは事実です。

 

ただ、一方で無視できない

もう一つの事実が存在しています。

 

例えば、あなたは以下を読んでどう思うでしょうか。

 

動画に人を導くまでに文字が不要になったわけでもなく、

動画からメルマガに誘導するのもテキストは欠かせません。

 

今度は、そのメルマガで売り込んでいくわけですが

基本的に文章で成約させていくのも、

毎度動画を送り付けるのは敬遠されるからです。

 

中には音声や動画は時間がかかって、

テキストの手軽さに価値を感じる人もいるのです。

 

大勢が「動画がキテる!」と叫んでいる中で

あえて文章だけで勝負すれば、

実はそれだけで差別化されたりします。

 

・・・はい、これがもう一つの事実です。

 

つまり、動画だけですべて完結するはずがなく

文章を活用する場面は、

この先ずっとなくなることはありません。

 

ということで、どんな状況にもマッチできるように

コピーライティングを勉強するのは、

稼ぐためには避けて通れないということです。

 

勉強と言っても、決して難しいものではなく

伝えたいメッセージを、読みやすく具体的な文章にすること。

かみ砕いて言えば、わずかこれだけのことです。

 

これは小学生でもできることですよね?

 

小学生でもできることが、

大人ができないなんてことはありえません。

 

コピーライティングのテクニックは数々あるけど、それを学ばなくてもいいのか?

一応コピーを学ぶ必要性はおわかりいただけたと思います。

すると次は、コピーライティングテクニックなどが気になってくるものです。

 

すぐ思い浮かぶ文章テクニックには、

AIDMA、AISAS、QUESTなどがあります。

 

事実これらの文章の型は、コピーライティングを勉強している人なら

誰しも一度は見聞しているはずです。

 

ですが、この手のテクニックを勉強する必要はありません。

なぜかほとんどの人が言わないので、あえて言っておきますが。

 

これは何も、先人が作られた型を軽く見ているわけではなく、

むしろ開発した方々には敬意を払っています。

 

それでもなお不要と言うのは、相応の根拠があるのです。

 

その根拠とは、枠に沿った書き方を意識することで

自分が本来伝えたいメッセージが薄まるということです。

 

つまり、テンプレート通りに文章を書こうとするがあまり

自分らしい表現が出にくくなります。

 

そうなれば、読者の気持ちに刺さるはずがありません。

 

文章の書き方を右も左もわからなければ、

最初のうちは参考程度にしてもいいでしょう。

何も書かないよりはるかに有益ですから。

 

ただ、少しでも慣れたら型から脱却して

腹で語ることを意識した方が

よほど成約率が上がります。

 

コピーと言うのは、自分の主義主張を

相手にわかりやすく伝えるのが大前提ですから。

 

一番簡単なコピーライティングの勉強法

ここで矛盾を感じる人がいると思います。

 

私は従来の型を否定しつつも、

コピーの勉強は必要と主張していますから。

 

これにも理由があり、対案なくして否定しているわけではありません。

そういうどこかの左翼政党のような、

恥ずかしげもないことはしません(笑)

 

実は、従来に比べて

もっと簡単な文章の流れに気付いてしまったのです。

 

でもって、この流れを学んで踏襲すれば

一定の成約率と文章の自由度が保たれて、

あなたらしさというものを十分発揮できると思います。

 

何でもかんでも型に頼り過ぎると、

窮屈な文章しかできませんからね。

 

で、その簡単な流れと言うのが以下です。

 

・読み手が現状抱えている問題点をあぶり出す

・問題点を放置することによる状況悪化を描写する

・解決策を紹介する

 

以上の骨組みです。

 

たった三つの流れを踏襲する文章を書いていくだけです。

小難しいアルファベットの公式を覚える必要はありません。

 

あとは最初は無料ブログでも何でもいいので、

とにかく手を動かしていくことを推奨します。

手を動かさない限りは絶対に上達しません。

 

手を動かすと言っても、

一時期流行ったセールスレターの写経なんて意味ではなく

あなたが紹介したい商品について、

自分の言葉で深堀していくのです。

 

そもそも写経するほどいいレターがないのが現実ですし、

他人の理念やヘッドラインを写しても参考にはなっても

自分が紹介したい商品には使えません。

 

それから余談ですが、

上の三つの流れでさえも毛嫌いする人は

ジャパネットたかた前社長の動画を見て、

セールスの流れを掴むのも方法だと思います。

 

個人的に彼の甲高い声が好きになれず、

数回見てやめてしまいましたが。

 

リサーチと文章全体の作法

優れた文章書くためには、リサーチ作業は避けて通れません。

 

オンライン上で完結したいなら、

各種SNSをはじめ

昔ながらのヤフー知恵袋なども使えます。

 

いずれにしても、見込み客の気持ちを知るには

彼らの悩み願望を知らないといけません。

リサーチなくして人の気持ちを動かすことはできませんから。

 

なお、リサーチを終えて

コピーを書く上で最も注意したいのが、

「教える」などの発言です。

 

意外と見落とされがちですし、注意する人がいませんが

かなり気を付けた方がいいでしょう。

 

「私がこの方法を教えてあげます」

「この解決策をお教えします」

 

イラッとしませんか?

 

コピーライティングをかじった人はすぐ言いますが、

はっきり言って上から目線の勘違い野郎です。

 

あくまでも、読み手に対して

彼らが抱えてるであろう悩みをあぶり出して気づかせる。

 

再認識させた悩みを放置したら危険なことを煽り、

解決策をシェアすることを意識する。

 

この二点に神経を集中するべきです。

 

それを無視して、「教える」なんて

おこがましいでしょう。

 

「お前から教わる筋合いなんてない!」

 

こう思う人は実際いますからね。

反発心を無駄に抱かせることはないのです。

 

もっと簡単に言うなら、コピーライティングとは

読者が抱えている悩みを思い出させるキッカケと言えます。

 

突き詰めると、こんな認識でOKです。

 

そのためには小学生5年生でもわかる文書で、

意味の伝わる日本語で書いていきます。

意外とできていない人が多過ぎですが・・・

 

見込み客は少しでも理解できないことがあると、

離脱率が一気に上昇するためです。

 

難しいことを難しく伝えるのはバカでもできます。

大切なのは、いかに読者にわかりやすく伝えるか。

 

コピーライティングで腐心するのはここだけです。

 

コピーライティングが上達すれば動画の質も上がる

コピーとは、相手の悩みをあぶり出して

解決策に導くことです。

 

あなたの考えを相手にスムーズに伝えることは、

使うメディアが変わっても根本は同じです。

 

テキストでうまく伝える人は、音声、動画で話しても

うまくいきますからね。

 

反対に音声、動画がヘタな人で

文書をうまく書く人を私は知りません。

 

したがって、まず文書で鍛えてから

音声、動画にした方が可能性は広がると断言できます。

文章は時間をかけて推敲することができますし。

 

コピーライティングがすべての土台であり、

音声や動画は応用に過ぎないためです。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ