チャンネル登録者が37%増えるエンドカードの作り方

subscribe

高畑です。

 

今回はチャンネル登録者が4割程度はアップする、

エンドカードの作り方をお伝えします。

 

37%という数値は開封ギミックですが、

こういう数値を入れると信ぴょう性がありますよね?(笑)

 

これはコピーライティングのテクニックなので、

あなたも使う機会があれば試してみてください。

 

さて、エンドカードの作り方をシェアするわけですが

念のためにエンドカードの役割をお伝えしておきます。

 

エンドカードとは、視聴者にしてほしい行動を

投稿者が動画最後で指示することです。

 

指示と言うかお願いと言うか、

人によって表現の違いはあっても狙いは同じです。

 

・チャンネル登録してほしい

・メルマガに登録してほしい

・他の動画を見てほしい

 

こういうことです。

 

なぜ視聴者にわざわざ伝えるのかと言えば、

人は指示しないと動かないからです。

 

視聴者に「あーいい動画見た満足満足」で、

次の動画に行かせるのではなく

情報配信者は視聴者の流出を食い止めないといけません。

 

だから、ちょっとデキるYouTuberは

こぞって動画の最後の部分で呼びかけています。

 

これでエンドカードの必要性はばっちりですか?

 

余談ですが、エンドカードに限ったことではないですが

自分が取るべき行動を言語化できないうちは、

いい成果が出ないので考えるクセを付けましょう。

 

「エンドカードは○○といった理由があるから作る」

「チャンネルアートは○○といった理由があるから作る」

「コピーライティングは○○だから勉強する」

 

という、思惑を明確にしてから

行動していくとブレが生じなくなります。

 

では、ここからは事例とともに学んでいきます。

 

人気YouTuberのエンドカード事例

エンドカードの重要さを理解したけど、

どういうものを作ればいいか

イメージが湧かない人もいると思います。

 

ですから、一例を。

エンドカード事例01

こちらは英語学習で有名なYouTuberの

バイリンガールちかさんのエンドカードです。

 

①は他動画へのリンク、②はTwitterへのフォロー依頼です。

要するに、「他の動画も見てね!」「Twitterもフォローしてね!」

伝えているわけです。

 

ここまで凝ったエンドカードを作る必要はありませんが、

どういうものかはイメージが固まったと思います。

私自身もこんなデザインのエンドカードは作れませんし(笑)

 

では、もう一例を。

エンドカード事例02

こちらはわかりますか?

 

ゲーム実況で世界で一番稼ぐピューディパイさんで、

年収が4~5億円とも言われています。

 

そんな彼の動画のエンドカードは意外にもシンプルで、

「次の動画を見るにはクリックしてね!」というメッセージでした。

 

これはこれで一つのエンドカードの作り方ですし、

ちかさんと比べてどちらがどうとかありません。

 

いくつかエンドカードを作りテストを重ねて、

伸び率が高いものを採用するしかないですから。

 

それにしても、hikakinやはじめしゃちょーといった

YouTuberの代名詞のエンドカードを紹介しなかったあたり、

自分自身のひねくれ具合に思わず苦笑いです。

 

エンドカードはGIMPで作れる

ここまででエンドカードのイメージは十分湧いたと思います。

あとは実際に手を動かしてエンドカードを作るだけです。

 

画像編集ソフトは何でもいいんですが、

個人的にはGIMPが高機能かつ無料なので

GIMPで作っていけばスムーズだと考えています。

youtube エンドカード 作り方

 

これは実際に私が使っている型です。

 

かなり単純ですが、これでもチャンネル登録者は余裕で増えます。

動画投稿者の意図さえ伝われば、

最低限のデザインで十分だからです。

 

1280×720で新規作成

上からチャンネル紹介文

チャンネル名

登録ボタン

スマホから登録できる旨を通告

 

必要なパーツはこれだけです。

場合によっては、チャンネル紹介文さえ省略してもいいでしょう。

 

で、完成した拡大図がこちらです。

エンドカード 作り方

そして、この画像をムービーメーカーで流し込むだけです。

 

ちなみに、本編で音楽を使っていなければ気にしなくていいですが

BGMをエンドカードに挿入するならば、

動画本編とは違うBGMを使うようにしてください。

 

これはなぜかと言うと、音楽によって意識がパッと切り替わるからです。

 

「違う音楽になった」と思わせるのと同時に、

視覚的にもエンドカードを見せられたら

チャンネル登録率がより上がりますので。

エンドカード03

例えば、Aという曲をエンドカード前の本編で使っていたら

BをエンドカードのBGMにします。

 

手抜きして一貫して同じ音楽を使う人もいますが、

個人的にはまったく推奨できませんし

有名YouTuberなんかも、このあたりはきっちり区別しています。

 

ということで、成果を出してる先人がいるので

吸収できるところは素直に取り入れてください。

 

なお、お見せした私の見本はチャンネル登録依頼でしたが

これをメルマガ登録依頼に変えてもいいですし、

あなたの希望に沿ったものを用意しましょう。

 

ともあれ、エンドカードは一度作れば使い回しができるので

パパッと短時間で作ってみてはいかがでしょうか。

 

なお、GIMPを使った凝ったエンドカードの作り方は

こちらの記事も参考になります。

>GIMPでYouTubeのカスタムサムネイルを作るには?

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ