規約変更による月額課金でアドセンスは稼げなくなる?

Hand writing Know The Rules with red marker on transparent wipe board.

高畑です。

 

そういえば、先日YouTubeから規約変更のメールが来てました。

 

で、このYouTubeからの通知に

一喜一憂というか、人によっては阿鼻叫喚というか、

少なからずの人が反応しているようです。

 

「YouTuberオワタwww」

「もうアドセンスは終わりだ・・・orz」

「いや、これからがチャンスでしょ」

 

といったところでしょうか。

 

私個人としては、どうしようもなくつまらない

雨後の筍のように湧いてくるYouTuberは

本当に消え去ってほしいと思いますが・・・(笑)

 

まあ、そういう私個人の思惑はさておいて、

今回の規約変更は

稼ぐ上でそこまで影響はないと考えています。

 

短期的には今回の規約変更では影響が少ないと考えている理由

根拠となるのが通知内容の第二パラグラフで、以下引用します。

 

そして、この度、YouTubeはさらに選択肢を広げるため、

月額料金制で広告が表示されないバージョンのYouTubeを

新たに提供するという大きな一歩を踏み出すことなりました。

新たな定期購入サービスを作ることで、

パートナーの皆様にとっては広告収入うの増加を補う

新しい収入源が生まれることになります。

 

そして、次にダッシュボードに表示されていた通知には

以下のような記載もありました。

 

1.2 サブスクリプション収入 (YouTubeの判断に従い)

関連のサブスクリプション・プログラムにおける

参加コンテンツの全部もしくはサブセットの

月次視聴回数または視聴時間に占める割合に基づき、

お客様のコンテンツの月次視聴回数または視聴時間に

帰属するサブスクリプション料金について

YouTubeが認識する純収入総額の55%をYouTubeはお客様に支払います。

 

お客様のコンテンツが、

複数のサブスクリプション・プログラムに組み込まれ、

ユーザーによって視聴されている場合には、YouTubeは、

YouTubeの計算によりYouTubeによって

最高額の純収入が認識されている

サブスクリプション・プログラムに基づいてお客様への支払を行います。

 

これ意味わかりますか?

 

つまり、月額課金をするユーザーが増えて相対的に広告表示回数が減っても、

視聴回数と視聴時間でそれに代わる広告料を支払う、

こういうことが明記されているということです。

 

以上のように、YouTubeもアナウンスしている以上は、

通知内容を順守するはずです。

言ったことを反故すれば、ネットで拡散してユーザー離れを招き

YouTubeサイドの収益悪化を招くだけですので。

 

今までYouTubeアドセンスで稼げなかった人に追い風になるかも?

無責任に期待を持たせるというわけではありませんが、

これまでクリックされないと発生しなかった収入が

再生させるだけで収入になるということもありえます。

 

ここはちょっとした希望にはなるかもしれません。

 

ただ、世の中裏と表があるように、

稼げる人間が増えたら、沈んでいく人間も増えるということです。

資本主義ですから当たり前ですが。

 

それこそ、今までタイトルとサムネイルで釣って

中身スカスカの動画をアップして

力技で再生回数を稼いでいた人間はどうなるのかと言えば・・・

 

視聴時間が今後の広告収入を決める上での

評価項目になっていくことを考えると、

当然のことながら収益は減っていくと考えています。

 

グレーな手法に頼り切るとこういう憂き目にあうので、

今からまっとうな動画をアップして再生回数を伸ばす戦略を

考えていく方が建設的だと思います。

導入が6月上旬らしく、いくぶん時間がありますからね。

 

YouTubeに依存しない稼ぎの仕組みづくり

YouTubeはこれからも右肩上がりで伸びていくでしょうが、

いずれはユーザー数も頭打ちになります。

 

そのときは、もっと規約をキツクすると断言できます。

黎明期やブーム時は、とりあえず多くのユーザーを囲い込みたいため

そこまで厳しいルールは設けません。

 

これはYouTubeに限った話ではなく

かつてSEOを主体としたサイトアフィリエイトもそうでした。

キーワードを羅列しまくったサイトでも簡単に上位表示しましたから。

 

ところが、今では数々のアップデートを導入して

どんどんサイトを精査していってるのが現状です。

 

YouTubeも、よりアルゴリズムが改良されて

動画の内容自体も判別できるようになれば、

ギミックのみで稼いでいた動画にもメスが入るでしょう。

 

歴史は繰り返します。

 

だからこそ、YouTubeだけに収入源を依存しないために、

リストを取って運用するリストマーケティングやリアルビジネス展開など、

こういう手立てを講じてみてはいかがでしょうか。

 

それでは。


【極秘メルマガ】会社に頼らず自力で稼ぐ方法

lp
>YouTube×リストで稼ぐメルマガは今すぐこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ